ナム・ジヒョン"チ・チャンウク兄さんと愛の心、友達がうらやましいと"

0003987775_001_20170729080309512.jpeg
俳優ナム・ジヒョン(22)からもう成熟した女性の魅力が充満する。 前作’ショッピング王ルイ’時だけでも少女と女性の間にあったが最近終わったSBS樹木劇’受賞したパートナー’で少女の姿は探せなかった。

ナム・ジヒョンは"良く見てくださって幸運"としながら幸せになった。 それと共に"みな延期しやすい目つきと容貌を持っているチ・チャンウク兄さんのおかげ"と球を回した。 "多分チャンウク兄さんとロマンスでつく他の女優全部延期しやすいこと"としながら"本当に最高ですね"と親指を持ち上げた。

このような行動が可愛いが、ドラマでは女性的魅力がもう少し強くアピールされた。 化粧も深まってヘアースタイルなどが変わったためであるようだ。 ナム・ジヒョンは"初めて成人役割を受け持った’家族どうしなぜだ’や’ショッピング王ルイ’でも田舎で上京した人物だけでこのように整えて出てくる姿をお見せする機会がなかった"として"多分メイクアップも正しく見たのが今回が初めてだったこと"と笑った。 特に今回は"弁護士という職業群の特殊性のためにスーツ スタイルが多かった"とついた。

ナム・ジヒョンは実際にはカジュアルを好む方だとぎこちなかったりしたが以前には見ることが出来なかった彼の魅力がよく伝えられた。 ナム・ジヒョンの可愛気が好きだったファンたちは惜しみはしないだろうか。

ナム・ジヒョンは"私が目標にした姿をお見せしたようで良い"として"大衆は’、ナム・ジヒョンがこのように大きいんだな’を感じられなかったのだろうか? 幼かった時の姿が消えたのでなくその姿に加えて女性、成人としての姿をお見せしたことでその部分を受け入れて下さったようだ。 応援した方々が多くて幸せだ"とうれしがった。

ナム・ジヒョンは"チ・チャンウク兄さんはロマンスしやすい顔と目つき"と話した。提供|マネジメントの森
子役俳優出身なので過去の話が付いて回らざるをえない。彼は"荷札だと考えない"として"その過程のおかげで今の私がいる。現場で多くの助けと学習を得た。かなりの状況で慌てないで毅然と対処できることになった。 延期(煙、演技)スタイルは望む方向性が作品ごとに違うので今後直していかなければならない点だ。 課題を一つずつ解いていっている"とついた。

子役で成人へ渡る時困難はどのように克服したのだろうか。

"事実このことを継続しなければならないのか深刻に悩みました。 それも否定的でね。 ’が仕事をしても幸せでないようだがどうするだろう? したい人が多いがこういう考える私が一つの席(一桁)を占めるのが合うか? それといって何か意味があろうか?’等などの悩みを抱え込んでことを継続することはしたがいつのまにか20才になって大学校に行って日常的な環境が変わって状況が変わるので事故(思考)の喚起になりましたよ。 否定的な考えが肯定的な方向に変わりましたよ。 成人になって余裕ができることになったのもあってよ。"

特に’家族どうしなぜだ’という50部作ドラマをしながら先輩演技者を通じて習ったのも多い。 "いろいろ良い話を聞いて撮影したが先輩たちの心がけがどうであることを知るようになりましたよ。 以前までだけでも自信なくて憂鬱だったがそのような考えが皆変わりました。(笑い)"

’受賞したパートナー’はナム・ジヒョンとチ・チャンウクのスキンシップ程度が高かった。 ナム・ジヒョンは"そうだといいましたよ。 本当に程度高いという考えはできなかったが"として"私たちは客観的判断が不可だった。 ただし愛の心はロマンスの花といえる場合があるので美しい図が出てこなければなければならないと考えた。 リハーサルの時の話もたくさんしたが多分チャンウク兄さんのおかげではないか?"と話した。 彼は"ご両親は’私たちの娘たくさん大きかった’でしたし、周囲の友達は’ぎこちなくて見られない’でしたり’うらやましい’という2種類反応だったよ"と笑った。

ナム・ジヒョンは"兄さんがあまりにも茶目っ気が多い。 ところで私も多くて受け返して見たらすぐ親しくなった。 現場自体も笑いが多い所だった。 戦友愛のような感じの感情ができた"として異性(理性)として感じられはしないように同僚の愛(?)を強調した。

이미지 원본보기0003987775_003_20170729080309557.jpeg

ナム・ジヒョンは"幼い時はこのこと継続してもかまわないのか否定的に考えをたくさんした"と話した。提供|マネジメントの森
ナム・ジヒョンはもう大学生に戻る予定だ。西江(ソガン)大心理学科3学年復学を控えている。成績は中間以上とのことだ。実力で心理学科を選択して話題になることもした。延期するのに役に立ったのだろうか?

"ヨンギジョグロラギボだ私自らに役に立ったようです。 対人関係やどんな状況などを眺める時思考の柔軟性をたくさん育てましたよ。 勉強できそうですって? 私より上手にする友達がものすごく多かったんですよ。"

ナム・ジヒョンは’受賞したパートナー’を通じて、また、自信を取得した。 彼は"常に作品は新しく感じられる。 面白味もあったりするが難しい部分を感じるのも事実"としながら"特に今回の作品はもう少し成熟した姿も見せるべきで、ロマンスもぎこちなくてはならなくお父さんに向かった感情表現など多様な姿を見せるべきで心配をたくさんと解決することも多くの作品だった。 周辺助けをたくさん受けてよく終えたようで幸せだ"とした。

軍入隊を控えたチ・チャンウクに激励(?)の話も伝えた。 "兄さんは上手にすることだと信じています。 心配が一つもならないことあるでしょう? それでもからだ元気に行ってきたらいいですね。 寒がりなのに鉄原(チョルウォン)に店できたといったのに…それでも大丈夫でしょう。 信じるからです。 へへ。"
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 29.2017   0 comments   0 trackback
Category :インタビュー

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/33953-71d8f390

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR