‘無控訴’TOP、執行猶予1審確定…軍問題残った



大麻草を喫煙疑惑で起訴されたグループ ビッグバンのメンバー(T.O.P、実名チェ・スンヒョン)の1審宣告が最終確定した。

ソウル中央地方法院によればマヤンニュグァルリエグァナンボムニュルィバン(大麻)疑惑で懲役10月、執行流行2月、追徴金1万2000ウォンを宣告されたTOPには兄確定証明書が28日発行された。 これは去る20日開かれた宣告公判結果に対して検察と弁護であるように側が控訴しないのに1審宣告が確定したのだ。

TOPは昨年10月ソウル、龍山区(ヨンサング)自宅で歌手練習生と大麻草形態二度、液状形態大麻草二度など総四回にかけて大麻草を満ち足りている疑惑(麻薬類管理に関する法律違反)で起訴された。

先立って警察調査では疑惑を否認したが、検察調査では陳述を変えて巻タバコ型大麻草を二度満ち足りている部分は認めた。 ただし、液状型電子大麻草を二度満ち足りている疑惑に対しては否認した。 しかし先月開かれた1次公判で総四回にかけた大麻草喫煙を全部認めた。 これに対し検察はTOPに懲役10月、執行猶予2年、追徴金1万2000ウォンを求刑した。 

そして去る20日ソウル中央地方法院院(刑事4単独)で開かれた宣告公判でTOPは検察が求刑した通り懲役10月に執行猶予2年、追徴金1万 2000ウォンを宣告された。

裁判所はTOPに対する量刑理由に対して“被告人が大麻草喫煙事実を全部認めていて有罪と認定される”として“麻薬類関連犯罪は個人の健康と精神を害するだけでなく社会全般に深刻な悪影響を及ぼす恐れがあって、厳しく処罰しなければならない”と話した。 

引き続き“だが、被告人がすべての公訴事実を認めていて、真剣に反省中で、刑事処罰戦果(前科)がない初犯である点を考慮した”と説明した。

そうした中でTOPは実刑を免じたが、医務警察服務中止状態である現状況で兵役義務履行を継続しなければならない。 

裁判所で1年6ヶ月以上の懲役または、金庫の実刑を受ければ‘当然退職’処理されて展示勤労駅に編入されるが、より低い刑を宣告されるにつれTOPは地方警察庁で受刑者再服務適法可否審理社を受けることになる。 その過程で医務警察としての服務適格審査を経て、‘非適格だ’という判定が出てくる場合、社会服務要員で残った服務期間(520日)をいったい履行しなければならない。

スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 28.2017   0 comments   0 trackback
Category :事件

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/33946-21c440bd

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR