"2回から本当に"..'クマ',プロファイリング捜査感じをつかんだ

0003586455_001_20170728065034443.jpg
初放送後多少好き嫌いが分かれた'クマ'が2回でははるかに没入も高い展開を船会社(善事、プレゼント)、 韓国型プロファイリング捜査にまともに感じをつかんだような姿を見せた。

去る27日放送されたtvN水木ドラマ'クリミノルマインドゥ'(脚本 ホン・スンヒョン/ 演出 ヤン・ユノ、以下クマ) 2回ではチェ・ナヨン(ニュー切った方)を救うために孤軍奮闘する綱紀型(ソン・ヒョンジュの方)とキム・ヒョンジュン(イ・ジュンギの方)の姿が描かれた。

この日有力容疑者であったマ・ヒョンテ(ヤン・ヒミョンの方)は申告途中殺害されたし一歩遅れて現場に到着したハ・ソンウ(ムン・チェウォンの方)また負傷に遭った。 以後合流したキム・ヒョンジュンはハ・ソンウとともに犯人の車両を追ったがこれも失敗してしまった。

結局捜査はNCIチーム長である綱紀型の負担になったし彼は犯人を知っている 舶載民(チャンドン州の方)の考えを類推、圧迫する方式で真実を打ち明けるようにさせた。過去ボイラー室であった事件の転末を明らかにしたこと。

これを根拠に犯人が舶載民とマ・ヒョンテが収監された時期のキョドグァニオットナンサンチョル (キム・イングォンの方)という事実を知ることになった綱紀型はチェ・ナヨンが閉じ込められたところを知るために舶載民を心理的により一層圧迫し始めた。

だが、綱紀型はアン・サンチョルに一歩遅れたやめたし彼はもう一度チェ・ナヨンが捕えられたところを類推やり遂げた。 結局アン・サンチョルとチェ・ナヨンを捜し出した綱紀型とキム・ヒョンジュンはわざわざアン・サンチョルを挑発してチェ・ナヨンを無事に救出やり遂げた。

以後過去後輩の死が綱紀型の責任でないという事実を知ることになったキム・ヒョンジュンはNCI合流を決めたし、おりしも要員 ユ・ミニョン(イ・ソンビンの方)が列車人質劇にまきこまれる姿が登場してタウムァを気になるようにさせた。

この日'クマ'は没入感高い展開と俳優の熱演で自分だけの色を探した姿を見せた。 1回放送後指摘を受けた急激なストーリー、粗雑なCGなどが補完されて韓国型捜査物の進化をまともに表わしたこと。

何よりプロパイルロという職群に疑問を持ったイ・ジュンギがNCI合流を決めるにつれ今後'クマ'のプロファイリング捜査がより一層本格化する展望.これに対しまともに感じをつかんだように見える'クマ'が展開していくストリエマンは 期待が集められている。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 28.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/33938-d6da299e

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR