‘河伯の新婦’シン・セギョン、イム・ジュファン断ってナム・ジュヒョク選択

シン・セギョンがナム・ジュヒョクのために売買をあきらめた。

25日放送されたtvN月火ドラマ‘河伯の新婦’(演出キム・ビョンス/脚本チョン・ユンジョン) 8回には死滅の力を持った者が後えい(イム・ジュファンの方)だろうと考える河伯(ナム・ジュヒョクの方)の姿が描かれた。

201707260009528410396_20170726001115_01_20170726001227748.jpg
河伯はかなり以前大司祭(イ・ギョンヨンの方)から聞いた反イン半信が後えい(イム・ジュファンの方)ということを看破した。 後えいは熱心に違うと否定したが、事務室に戻って冷や汗を流す彼の姿で真実が何なのかがあらわれた。 だが、河伯が先に卵はチェをしたのが失敗であった。 飛廉(公明方)は河伯に“その寝ても君とともにいるユン小児を心配していることだが、でなければ自分も鐘を持つ資格があると考えるかも知れないだろう”と警告した。

この日から河伯は小児(シン・セギョンの方)の帰途を守った。 今まで町内路地入り口に出迎えにくることが全部であった河伯の態度変化は小児にも突然に近づいた。 一つでは神の土地を耕そうとすることを置いて悩む小児の葛藤に燃料を入れて火をつけたもようになることもした。 河伯の心配のとおり小児の停滞(正体)を知るために訪ねてきた後えいは意図的に自身がどのように生まれたかを伝えた。 しかし後えいに対して知らない小児は彼が深いトラウマを大事に保管していると考えるだけだった。

飛廉は結局事故(思考)を放ってしまった。 後えいが本当に反イン半信なのかを確認してみようと意図的に事故(思考)を作った。 だが、よりモタン分けと(チョン・スジョンの方)がこれを防いで立って“本当に人ならどうしようとする”と叱責した。 ダイコンという河伯に仲裁を要請したし、河伯は飛廉に後えいと会う席を作ってほしいと話した。 河伯は後えいのからだに主動の標識があるということを確認しては刃を研ぐことになった。 しかし遅くなく訪ねてきたダイコンという新釈ことを申し訳ないが後えいのことは本人が解決する時まで耐えることをお願いした。

母親の祭壇を整えた小児が単独で涙を放つ姿に河伯は酸素まで同行した。 小児は父親に対する願望に自殺をしようと水に飛び込んだことを打ち明けた。 河伯は自分だけの方法で小児を慰めたりするということに家に戻った。 翌日小児はナム修理(パク・キュソンの方)から一時河伯のスズメ鯛を奪おうとする試みがあったとのことを聞くことになった。 自身が土地を売れば河伯が再びこうしたことを繰り返すことになるか心配した小児は結局売買の意をたたんだ。 後えいがなぜ無理をするのかという話に小児は“私の土地で韓国ヒョウの便が発見されたようです”ととんでもない弁解をした。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 26.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/33897-21d6760c

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR