'執行猶予'ビッグバンTOP、職位解除42日ぶりに軍隊再審査

0002692824_001_20170721071616082.jpg

ビッグバンTOPが大麻草喫煙疑惑で不拘束起訴されて去る6月9日機動警察服務を中断した。 TOPは20日裁判所で執行猶予を宣告されてこれに伴う軍隊再審査を受ける。

ソウル中央地方法院刑事8単独はTOPに対する麻薬類管理法違反疑惑宣告公判で"起訴事実を被告人が皆認めたこと、有罪が認められる"として懲役10月・執行猶予2年に追徴金1万2000ウォンを宣告した。 検察によればTOPは2016年10月6日から14日まで一週間にかけて自身の自宅で歌手練習生であるA(21)さんと麻薬を合計4回満ち足りていた。

控訴ないもよう
TOPが受けた執行猶予処罰は検査が求刑したことと同じだ。 検察は懲役10月・執行猶予2年・追徴金1万2000ウォンを宣告してほしいと要請した。 裁判所はこれを受け入れてTOPの処罰程度を定めた。

裁判所は"麻薬類関連犯罪は個人の肉体と精神を疲弊するようにして他の犯罪を誘発する可能性もあって、社会に悪影響を及ぼすので厳しく処罰する。 特に去る10年間国内外を舞台で活動した公認として家族とファンたちを失望させた"として"ただし自身の誤りを真剣に反省している点と再び麻薬に手を付けないと話している"と量刑理由を明らかにした。

TOPは宣告裁判に先立ち"控訴計画はない。 裁判に誠実に臨む"と話した。 初公判弁論でも"ハチを甘受する。 誤りを悔いて反省する"と伝えた。

軍服務変動の可能性
TOPは犯行事実が報道された以後である先月5日ソウル地方警察庁広報担当官室警察楽隊院でソウル、陽川区(ヤンチョング)、新月洞(シンウォルドン)4期東端で転出した。 その日就寝時間前うつ病と恐慌障害など心理治療目的で処方された薬を過多服用して6日正午に応急室でのせられていった。 激しい嗜眠状態にあとで8日意識を取り戻したし9日裁判所控訴状を送達受けて帰宅措置を受けた。

不拘束起訴された医務警察は裁判所から控訴状を送達受けた日から職位が解除されるという戦闘警察管理規則127条1項により先月9日付でTOPに対する服務は停止状態であった。 職位解除以後42日ぶりに執行猶予を受けた塔は軍義務を再び続ける。 懲役1年6ヶ月未満の兄が出てきたので残った520日兵役期間を満たさなければならない。

機動警察関係者は"TOPの身分は復職する。 再審査を経て適切判定が出れば以前の勤務地に戻る事もでき、でなければ転出したり職権免職などになり得る"と説明した。 塔に対する審査で不適切判定が出てくる場合、陸軍本部へ渡る。 陸軍現役や社会服務要員などで服務する可能性があって現役で再入隊する場合、訓練所を経ないで直ちに自大配置を受ける。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 21.2017   0 comments   0 trackback
Category :事件

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/33830-5dc052fa

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR