"お前を恩愛する"…'君主'ユ・スンホ・キム・ソヒョン、〓余韻だけ残ったエンディング

0002839097_001_20170714064522254.jpg
MBC水木ドラマ'君主-仮面の主人'がユ・スンホとキム・ソヒョンが愛を成し遂げることでハッピーエンドを迎えた。

去る13日夜10時40回で幕を下ろしたMBC水木ドラマ'君主-仮面の主人'(脚本パク・ヘジン、チョン・ヘリ/演出ノ・トチョル、パク・ウォングク/以下君主)ではキム・ウジェ(キム・ビョンチョルの方)の助けを受けて荷物花化は解毒剤を作り出した牛歩(パク・チョルミンの方)の姿が描かれた。 それでも大臣たちは牛歩が作った解毒剤を信頼できなかったし大きな課題(ホ・ジュノの方)に行くと出た。 これに対しハン・カウン(キム・ソヒョンの方)は直接荷物花ファンを食べて解毒剤のヒョ症(証)を立証やり遂げるのに成功した。

離船(ユ・スンホの方)は大臣たちの支持を得ることになったし、以後編集会を訪ねて行って大きな課題と向き合った。 離船は投降することを薦めたがチョ・テホ(キム・ヨンウンの方)は最後まで対抗して命を失った。 大きな課題は窮地に追い込まれた状況で自らドクを取った。 離船は大きな課題の"国民らが絶望のどん底に陥ってさ迷う時コンジャワル、孟子(猛者)いわくするか"という皮肉に"どん底に飛び込んで肩を貸すこと"としながら"絶対内民があなたのように怪物になる世の中を作らないだろう"と念を押した。

大きな課題は結局解毒剤を受けないで死を選択した。 そして"私の冥土で君がこの朝鮮をどのように変えるのかはっきり見守る"という話を残して目をとじた。 離船はハン・カウンとの未来を夢見たが大臣たちはハン・カウンが廃主の女性であったという理由でセンター前とするのに反対した。 王が苦しがるとすぐにハン・カウンは彼を離れたし、離船は王座を下ろすと宣言しながらもハン・カウンとの愛を守ろうとした。 以後離船は即時ハン・カウンを訪ねて行ったし自身の心を伝えた。

離船はハン・カウンに自身の雨になってほしいと告白した。 彼は"君とともにしたい。 お前を恩愛する。 いつか空の招請を受けても死んで君を恩愛することだ。 この心変わらないから、一生私とともにするか。 私の雨になって、数万の民の母になって出て彼らを守るか"と伝えたし、これに対しハン・カウンは"いつまでも電荷とともにします"と彼の心を受け入れた。 以後大きな課題の忠臣であるヒョンソク(ソン・イングクの方)がハン・カウンを破ろうとしたが賎民離船(エルの方)が代わりに刃物で刺されて亡くなった。

賎民離船は涙を流す王離船に"私にも電荷が初めてであり最後の友達でした。 ぜひお嬢さんと幸せにしてください。 この国の真の君主になってください"と最後の話を残した。 そして離船とハン・カウンは1年後婚礼を上げた。 離船は真の君主上に対して悩む星群に成長していた。 彼はハン・カウンをセンター前で迎えてハン・キュホ(チョン・ノミンの方)と金化郡(キムファグン)(ユン・ソヒの方)そして賎民離船を順番どおり思い出させて真の君主になることを約束した。

その間'君主'は同時間帯水木ドラマとの競争で完ぺきに優勢だったし視聴率1位をのがさなかったけれどドラマの遅々と進まない、可能性が欠如した展開が酷評を産んだ。 36回で自体最高視聴率14.9%を記録したのに成績とは関係がなく反復的な三角関係などドラマ内的な要素が批判の対象になったこと。 最も重要だった離船が王座を取り戻す過程で大きな課題との対立から彼に向かった報復までの過程が多少虚しく描かれることもした。 ここに賎民離船の黒画家説得力を失ったという酷評も得た。

だが、最終回で俳優の演技力だけは光ったという評価だ。 ユ・スンホは元帥(敵)大きな課題に向かった怒りを前面に出すことより星群としての御真面目(容貌)を表わす王離船の感情船を通じて視聴者たちと共感を形成した。 民を考える王になるとしながらもハン・カウンをセンター前で反対するとすぐに突然王位を出す場面は失笑を買ったが、その上にハン・カウンとのロマンス延期(煙、演技)が物足りなさを満たしたしそれなりの余韻を残した。 全てのものをした回に解きほぐそうとすれば無理な方法設定も多かった中でユ・スンホの活躍だけは深い印象を残した。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 14.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/33736-25a2fa68

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR