イ・ジュン怒り・キム・ヘスク嗚咽…パンドラの箱開かれた

0000269686_001_20170710081410167.jpg
‘お父さんが変で’ついにイ・ジュンはこのパンドラの箱を開いた。

去る9日放送されたKBS2週末ドラマ‘お父さんが変で’(脚本イ・ジョンソン、演出理財上) 38回ではお父さんの停滞(正体)を知るようになった眼中ヒ(イ・ジュン)の怒りとこの事実に接したナ・ヨンシル(キム・ヘスク)の恐れが爆発した。

この日放送の白眉はナヨン実科目眼中ヒの対面神(靴)だった。 彼が送った遺伝子検査書類を確認して直ちに中ヒを訪ねて行った霊室は死ぬ罪を犯したとし許しを請うた。 35年前夫が友達の身分で生きることになった瞬間から今までいつも心一角に石ころを背負って生きてきた歳月が一日で落ちた彼女の心情は到底みな話せなかったはず。

眼中ヒをビョンさん家の中にだとしても決心した時、いつかはこのような日がこないだろうかハラハラしたがそのことが実際に目の前に近づくとすぐに霊室は心臓が落ちる気持ちを感じた。

衝撃でからだが震えることは眼中ヒド同じだった。 先立って過去の歴史陣中お父さんを調べてみることができない実の母親(キム・ソラ)に慌てた彼は遺伝子検査結果で事実が証明されるとすぐに紛らわしい心を隠すことができないこと。

魂が抜けたナ・ヨンシルからお父さんのくやしい理由を聞いてもたやすく鬱憤は行かなかったし本当にお父さんは事故(思考)で亡くなったという話に衝撃は倍加された。 これを基点に中ヒの感情は怒りで悲しみが入り乱れた暴風雨に変わってしまった。

特にキム・ヘスク(ナ・ヨンシル役)とイ・ジュン(眼中ヒ役)の感情熱演が絶賛受けている。 ベテラン俳優であるキム・ヘスクの延期(煙、演技)はそれこそ名不虚伝であり内面の葛藤と苦しさを表出やり遂げるイ・ジュンの延期(煙、演技)もまたまた見たという反応が多かった。 キム・ヨンチョルに続きキム・ヘスクまで、先輩演技者との織り目が細かい呼吸は‘お父さんが変で’の毎回この上ない名場面を誕生させている。

放送末には妻と中ヒの間に行き来したある土台嵐をまだ知らない弁韓数がオフィステルを探して緊張感を高めさせた。 お父さんの実名‘イ・ユンソク’を呼んだ冷たい眼中ヒ、そして彼と向き合った弁韓数の表情は来週放送をより一層キデケ作っている。 ‘お父さんが変で’という毎週土、日曜日午後7時55分に放送される。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 10.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/33677-8065fb24

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR