吹けよ、ミプン 33、34話

33回指輪ユソングイに与えました.

シネ(イムスヒャン), ドックチォンバングに入って来て額縁に指輪挟みこもうと見れば空千刻まれている指輪が見えない. 付いて入って来たユジンを見て指輪一つどこに行ったの問って, ユジンは怖い顔でユソングイに与えた言う.シネ瞬間アチル気を失うようで, その指輪がどんな指輪であるとはではないのであり音おかゆよ悲鳴を上げるのに...

34回ユジンイのためでも今度仕事絶対失敗してはいけない..

ダルホ(イ・ジョンウォン)はドックチォン(ビョンフィボ)にこれ以上チョンジャ(イフィヒャング)と暮すことができないと言って,チョンジャ増えたヨンエ(イ・イルファ)の家に攻めこむ. 一方, シネ(林水郷)は家族たちの前で歌うユジンを見てユジンを守ると念をおすのに...

☆ヒドン父のほぼ一方的な、ミプンママへの想いはある日乱暴な暴露と暴力によって白日のもとにさらされ、突然終わりを宣告される。シネがミプン母子を追放するために撮らせた、密会ともとれるヒドン父とミプンママのハグ写真をヒドン母のもとに送りつけ、逆上したヒドン母が友達を引き連れてミプン宅を襲撃。これ以上ない証拠に、ジャンゴ母も落ち着いていたミプン母子への憎悪に再び火が点いたかのように、ハヨンの名前まで引っ張り出して、攻撃、罵詈雑言を浴びせ倒す。

母を信じたいミプン。たとえそれが不倫でも味方すると言うが、母はすべて誤解であると釈明。ヒドン母は結局ミプン母を追い込むことでますますヒドン父とミプン母を近づけるきっかけを与えていた。自分の妄想が現実となるよう、自身で一生懸命機会を作っていたかのよう。
ミプンママが心配でならないヒドン父は、ふらふらとミプン家に様子をうかがいに行くが、ミプンはこれ以上誤解されるような行動は慎んでほしい、もう家に来ないでほしい、母に会おうとしないでほしいときっぱりと願いを告げ、言い渡す。
母を守ろうとするミプンが頼もしかったわ。
ヒドン父も、妻をないがしろにしたままミプンママと会おうだなんて、いい加減だものね。

ジャンゴ家にいづらくなったミプンママはついに本当に引っ越しを決意。良かったわ。早くそうすればよかったのよね。
シネはまず追い払う作戦パート1を成功させる形になった。
次はミプンを仕事で罠にはめ、会社から追い出す作戦。

ミプンに産業スパイの汚名を着せることにする。ミプンデザインの門外不出のアイディアのはずが他社に流出。しかも監査に入られたとき、ミプンの鍵がかかった引き出しに大量の札束が見つかる。
その場には、おじいさんのはからいで監査役として顧問弁護士になったジャンゴの姿もあった。

シネが悪事を働いてもスピーディな解決を見るドラマだけど、今回はどうかしら。
シネがいずれ犯罪者だと明白になれば、娘のユジンちゃんがただただ可哀想だわ。やっとママに愛情を注がれるようになったユジンちゃんなのに、その愛するママが極悪人だなんて。
シネがどんな結末を迎えても、シネに関係なく、どうかヒドンがユジンを可愛がってほしいわ。


スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 04.2017   0 comments   0 trackback
Category :吹けよ、ミプン

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/33577-eaa2915a

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR