‘猟奇女’イジョンシン、格別な存在感…ロブライン緊張感船会社(善事、プレゼント)



‘猟奇女’イジョンシン、格別な存在感…ロブライン緊張感船会社(善事、プレゼント)

SBS月火ドラマ‘猟奇的な彼女’(脚本ユン・ヒョジェ/演出誤診席/製作レモンネイン、災いイブラザーズ、シン氏の家)で秀麗な従事官服姿で視線を強奪しているイジョンシンが格別な存在感を表わしている。 

ついにお互いの心を確認した牽牛(チュ・ウォンの方)と慧命公州(王女)(五軟で方)のあれやこれやロマンスが予想される中でカン・ジュンヨン(里程神(靴)の方)がこれら(かれら)の間でひそやかな緊張感を形成する予定で気がかりなことを呼んでいること。

先立って居所後援でお母さんを思い出させた慧命公州(王女)に近付いたカン・ジュンヨンは“私が行けば原子をよく守ってほしい”という彼女の要請を一気に断って目を引いた。 

ただ一度も公州(王女)のチョンを断ったことなかった彼の断固たる態度は彼女以外に視聴者たちまで驚かせた。 何より“ママが直接してください、直接見てください。 そうできるようにします”という返事で決して彼女を送ることができないという真心が感じられた。 

それだけでなくカン・ジュンヨンは慧命の婚礼にからまった陰謀を暴こうと牽牛とひそかに計画をたてて民有化は(オ・ヒジュンの方)事件の犯人を捉えるために捜査に力を注ぐなど従事観らしい能力を発揮している。 これは鋭利な目つきと真正性が入れられた表情演技が適切に調和したという反応.

特に彼は意図的に捕まった牽牛に続き決定的な瞬間に登場、取り引き現場を捉えるのに一助となることもした。 完ぺきなタイミングに文を蹴飛ばして現れた彼には強固なカリスマが感じられたところ。 

このようにイジョンシンいつも後から彼女を守るのっぽ無事として劇のかすかさを倍加させるのはもちろん冷徹な判断力を持っているキャラクターまで多様に消化してモール入道を高めている。 

イジョンシンもまた“その間表現に自由な配役を引き受けたのに‘猟奇的な彼女’の俊英は心の底から漬けて内的葛藤をよく表現しなければならない人物だ。 そのような部分で新しい姿をお見せすることができて良い”と前年今後の活躍にも期待感が入るようにさせた。 

一方、SBS月火ドラマ‘猟奇的な彼女’は明晰な頭脳と温みを持っている朝鮮最高の魅力的な男‘牽牛’チュ・ウォンと‘慧命公州(王女)’オヨンソのあれやこれや愛を扱ったロマンス史劇. 重たい宮中の暗闘を背景に朝鮮時代青春男女の恋愛ストーリーが興味深く繰り広げられている。 

ビジュアルと性分、どれ一つ陥らないイジョンシンの活躍は明日(3日)夜10時に放送される21,22回でも続く。 SBS UHDチャネルでUHD画質で本放送される。 

スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 02.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/33555-5a8af6f3

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR