ハイライト"去る1年、挑戦の時間..過分な愛されて"

201707010802124904234_20170701075953_01_20170701080409873.jpg
グループ ハイライトがアメリカ インターネット音楽ケーブル チャネル フューズTVと‘KCON 2017 New York’バックステージで単独インタビューを持った。

この日ハイライトは‘KCON New Yorkヘドゥライノ’舞台を控えてフューズTVインタビュー中お互いに向かって話して笑って楽しむ非常に安らかな姿を見せたと伝えた。

また、過去に対する遺憾や痛みは全く見えなかったし8年を越える時間を共に送って彼らの新しく繰り広げられる興味深い人生のチャプターにあってメンバーお互いになくてはならない人々で尊重して情熱が明確に見えたとも表現した。

#次はフューズTVとの一問一答

FUSE:ニューヨークにまた戻ったのを歓迎する。 今回来たものに対する所感は?

峻刑:グループで私たちがニューヨークを訪問したのがかなりかなり前のことだ。 ファンたちに会いに来られないことに対して非常に申し訳ないと考えて、KCONでファンたちに会うことができて本当にうれしいと考える。 もし機会があるならば、ハイライトでコンサート ツアーや他の独自の公演をしにくることができたら良いだろう。

FUSE:昨年が気持ちの時、ビーストで最後のアルバムを準備していた。 そして1年後にハイライトでKCONでヘドゥライノ舞台を準備中だ。 もし1年前その時の私自身に与えることができる助言があるならば?

ヨソプ:1年前の私自身に助言をするならば…過度に心配しないと話したい。 以前の時間は私たちに挑戦の時間だった。 だが、今私がメンバーを信頼して信じるだけに、ファンたちと私たちを家族のように大河は新しい会社の職員も信頼して信じている。 (1年前の)私に(何でも)継続していくことが重要だと言いたい。

キ狂:(その時当時)私たちはのようなボートに乗っている計算だった。 同じ考えと同じ心配をしていた。 その時当時には(私たち皆)多分ヨソプが話したのと似た助言をしただろう。

FUSE:ハイライトでの1年に対してどう思っているか?

同韻:ハイライトで、本当に過分な愛と支持を受けたと言いたい。 新しい会社と仕事をすることに対して心配を少ししたことも事実だが、すべての人々が信じたので初めての疑いから抜け出すことができたと考える。 ハイライトで今年上半期の間熱心に仕事をしたが、残った下半期にはさらに熱心に仕事をしてファンたちにみな戻したい。

FUSE:‘顔しかめないでよ’を初めて聞いた時他のグループ(の歌)のように感じられた。 だが‘美しい’と‘危険で’という一般的なビーストの感性を有している。 今は(ビーストとは)他のグループだと考えられるのか?

同韻:グループで見た時私たちが以前にしたことと最初から変わってはいないと考える。 以前歌が少しトン ダウンされた歌が多かったが、もう‘ハイライト’という名前を持って私たちの歌にもう少し明るいメンを浮上させたかったしこのような歌に対してもう少し安らかさを感じるのではないか考える。 いつも明るくて幸せな歌を歌うことだけではないが、今は私たちの肯定的なエネルギーを伝えたい。

FUSE:新しい会社であるAround Usをたてて、成長できる家を作った。 オラウンドアースに新しいアーティストを迎え入れる計画があるか?

峻刑:今現在で他のアーティストを迎え入れるつもりはない。 だが、私たちが一緒に成長できたり共同作業するほどのアーティストを探すならば、今後にはそのような可能性もあるとみる。

FUSE:峻刑は‘ヘイズとともに‘Wonder If’というソロ シングルを最近発売した。 他のソロ プロジェクトに対する可能性は?

同韻:私たち皆ソロ‘プロジェクト’に対して準備している。 その時をいつなのか話せないが(笑い)メンバー一人一人全部個人的に正しくなされた音楽を準備したい。

キ狂:その時がオンジェンジは分からない。 ウン...そのまま‘ドン’と出てくることだ。

FUSE:今年再びカムバックする計画があるのか? 2018年度には?

頭注は:まだそこに対して確実なことはない。 だが、1年内続けて曲を使って準備して録音をしている。

FUSE:今年KCONに多くの立派なアーティストを招いた。 もしあるアーティストをラインナップに加えることができるならば誰を選びたいのか?

ヨソプ:ピトゥビ. 個人的に考えた時歌とパフォーマンスをとても上手にする友達だ。 彼らを輝かせることができる機会がもっとあったら良いだろう。

同韻:(FUSE TV)がこのグループを分かるのか分からないですが、Sisqo(シスコ)が属しているDru Hill(トゥル ヒール)というグループがあった。 私は永らくシスコのファンであったし、彼を見て歌手になる夢を育てた。 彼をここに招いてあなたのために私がこの位置に立つことができました話したい。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 01.2017   0 comments   0 trackback
Category :KーPOP

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/33543-311e1f89

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR