チ・チャンウク〓ナム・ジヒョン、再び愛する話そうか

201706292303098607380_20170629231312_01_20170630065028128.jpg
ナム・ジヒョン(ポンヒ)がどうにもならない現実にジウク(チ・チャンウク)に別れを通知しながらも彼を忘れることができない姿が遺憾を抱かれた

29日放送されたSBSドラマ'怪しいパートナー'ではお互いに近付くことができなくて押し出さなければならない二人の残念な姿が描かれた

先立ってこの日放送でポンヒはジウクに"私を見ればうちのお父さんが思い出されて大変なようだ"としながら彼に辛い別れ通知をしたし、やはり慌てたジウクは"私は関係ない"としながら最後までポンヒを置かなくてしたこと。 それでもポンヒは"私は関係なくない"としながら"このすべての状況がそのまま嫌いだ"として彼を離れた。

この事実を分からないポンヒの実の母親であるパク・ヨンスン(ユンボクである)は"君たちの姑また見るのでゼロ ドーンではなかったよ"としながら"私が責任を負うから君は代表様だけよく扱え"として二人の愛を応援、だが、ポンヒは別れ事実を知らせることができなくて心痛しなければならなかった。

ポンヒは根気強くジウクを離れたが真心ではなかったし、すぐ直ちに別れ後遺症が来てしまった。 結局ポンヒは病院に入院したし,この事実を伝え聞いたジウクは一歩に駆け付けた。

病室でジウクを発見したポンヒは自身を呼ぶ彼の声に意識が破ったし、彼をじっと眺めると"これが夢ではなかったら良いだろう"という話を残して彼の顔を両手でこっそりかばったまま口を合わせた。

ポンヒはこのことを夢で錯覚、退院した後ジウクとあうとすぐに"久しぶりだ"としながらぎこちない安否を伝えた。 これに対しジウクやはり"からだはちょっと大丈夫なのか"として彼女を心配、ポンヒが好きなアイスクリームを渡してゆうゆうと席を離れたしそのようなジウクの後ろ姿を見てポンヒやはり苦々しい顔で席を離れた。

以後ポンヒはチ・ウニョク(チェ・テジュン)からジウクも共に病気見舞いきたという事実を聞いて"夢を見たがクミオヤハヌンデ夢ではなかった"として当惑、自身が口を合わせたことが夢これでない現実繋いだという事実に"私がけっておいて何をしたのか、そのまま死のう"として壁に頭を打ち込むなどどうしていいか分からながる姿が目を引いた
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2017   0 comments   0 trackback
Category :怪しいパートナー

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/33531-2f8e3f33

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR