ファン・ジョンミンXソ・ジソプXソン・チュンギ'軍艦島',3千ファンとの歴代級ファンミーティング(総合)



'軍艦島'ファン・ジョンミンとソ・ジソプ、ソン・チュンギ、イ・ジョンヒョン、キム・スアンが3千人のファンたちと意味深い時間を分けた。

26日午後ソウル、奨忠(チャンチュン)体育館で開かれた映画'軍艦島'全国民発隊式ショーケースにはリュ・スンワン監督とファン・ジョンミン、ソ・ジソプ、ソン・チュンギ、イ・ジョンヒョン、キム・スアンなどが参加した。

監督と俳優は奨忠(チャンチュン)体育館をいっぱい埋めた3千人のファンたちの前レッドカーペットを踏んだ。 ソン・チュンギは数多くのファンたちの歓呼にいちいち目を合わせて手を振って舞台に上がったし、ファン・ジョンミンは劇中父娘関係であるキム・スアンと手を握って登場して多くの歓呼を受けた。

201706262117132a9.jpg
20170626211713afe.jpg

ファン・ジョンミンは"とても感謝する。 私も映画しながらこのように大きい規模でショーケースをしてみたことがない。 このように多くの関心を持たれるのもよく分からなかったが話を聞いてみるので本当に驚いた。 本当に福受けたと考える"と話した。

チェ・チルソン役を担ったソ・ジソプは"久しぶりにする作品でもあるが、映画を撮って他の見方をすれば俳優として祝福受けたようだ。 新しい私の姿を見たもののようで撮影して本当に良かった。 モニターをする時私のようでなかったよ。 他のソ・ジソプがまたいたよ"と話した。

リュ・スンワン監督は"実際に軍艦島に行った時、恐怖感が聞いた。自然を勝ち抜く形態を持っている奇怪さがおかしな感情を持つようにした。映画を作らなければならない立場で、果たしてこれを私が再現できるか恐怖感ができた。CGチームも実際の軍艦島をよく再現したよ。��V長に行った時してみる価値はあるという考えた。 私の人生で体験してみることができない経験になることができると考えたがとてもよく終えた"として撮影秘話を打ち上げた。

劇中イガンオク(ファン・ジョンミン)の娘ソヒ役を担ったキム・スアンは"'太陽の後えい'を本当に好きで中期兄さんを本当に好きだった。 プロフィール、背景画面みな兄さんでしておいたが会うととても良かったよ。 それで延期する時よく集中にならなかった。 ところでつくシーンが多くないので惜しかった。 ファン・ジョンミン パパとは撮影が本当に気楽だった"と話して場内に笑いをかもし出した。

強制徴用された朝鮮人女性晩年を延期しなければならなかったイ・ジョンヒョンは撮影のために5kgを減量しなければならなかった。 彼は"実際に強制徴用された人々が乾いていた。 俳優として当然だった。 私だけでなくすべての俳優が参加した。 撮影当時にはあまりにも大変で苦しかったが撮影がみな終わった以後には満たされるということがあった"として色々な俳優の苦衷を言及した。

リュ・スンワン監督は"ひとまずこの映画は'軍艦島'で告発、暴露することに目的があるのではない。 一枚の写真で始めてその中(案)の人々を見せてあげたかった。 用心深かったことの中の一つが、歴史をとても刺激的な素材で表現して宣伝(善戦)、扇動するように見えるということだった。 集中初物の減らしたことは歴史の中個人だった。 サスペンスと個性強い映画的体験が私には重要だった。 映画を見れば映画自体が脳裏にとても永らく残っているように願う"と要請の話を残した。

20170626211713e29.jpg


また、リュ・スンワン監督は"製作報告会の時日本記者の方が日本との関係に対して質問をした。 心より韓日関係がより良くなるように願う人だ。 私がこの映画で民族主義感情を触って、そこまで映画を興行させたい人ではない"として"ただしこの映画が良い質問一つを投げたら、する望みがある。 戦争というもの自体が、結局この映画は戦争を反対する映画だ。 戦争が広がれば誰でも怪物になるほかはない。 子供と女が最も多い被害を受ける。 それに対して話したかった"と明らかにした。

'軍艦島'は日帝強制占領期間、日本、軍艦島(ハシマ、軍艦形に似て軍艦島と呼ばれる)に強制徴用された後命をかけて脱出を試みる朝鮮人の話を描いた映画だ。 来る7月26日封切り.
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 26.2017   0 comments   0 trackback
Category :映画

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/33474-eee0e1c2

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR