'7日の王妃'パク・ミニョン〓ヨンウジン、危機とさらに切ない'逆境ロマンス'

0003562125_001_20170622075022018.jpg
'7日の王妃’パク・ミニョン、ヨンウジンの逆境ロマンスがテレビ劇場を心配をかけた。

危機が迫ってくるほど愛は深くなるはずだ。 死んだものとばかり思った初恋精魂者が生き返ってきたのなら愛はさらに切なくなるほかはない。 名前から‘逆境カップル’で呼ばれる二人の主人公の切なるロマンスが視聴者の胸をたたいた。 すぐにKBS 2TV水木ドラマ‘7日の王妃’(脚本チェ・ジンヨン/演出イ・ジョンソプ/製作モンスターユニオン)の話だ。

6月21日放送された‘7日の王妃’ 7回では神采頃(パク・ミニョンの方)が二役(ヨンウジンの方)の生存と、彼の正体を分かった後の話が繰り広げられた。 推薦反対が二役というものを直感した神采頃は彼を後からわっと引き込んで“合うじゃない”と叫んだ。 しかし再会の感情を分ける余裕はなかった。 二役を追った散水が現れたこと。 結局二役は神采頃の手を握って山に逃げ始めた。

追って追われる状況の連続. この過程で二役は肩に矢まで合った。 二人はかろうじて洞窟中に避けた。 二役は相変らず神采頃を押し出そうとした。 それでも神采頃は二役の肩傷を治療して彼のそばを守った。 二役がイユング(イ・ドンゴンの方)に復讐心を抱いているという事実も識別した。 それで神采頃は次の日散水に捕えられた時、自らおとり(エサ)になって二役が逃走するようにした。

そんなに神采頃は盗賊を逃走させた罪で義禁府に閉じ込められた。 同僚に捕まった二役はどうにか神采頃を救うために走った。 しかし自身を追う散水、正体を表せば自決するというお母さんチャスン対比(ト・ジウォンの方)の泣訴のために座り込むほかはなかった。 神采頃はもう二度と自身のために二役が死なないことを祈って自らを促した。 二役を待たないと。

しかし変数は別々にあった。 神采頃も二役のように逃走当時散水が撃った矢によって傷ついたこと。 その時獄死にミョンヘ(高補欠の方)が現れた。 ミョンヘは二役を全て自身の人で作るために、二役がこれ以上神采頃に揺れないように最初から神采頃を殺そうと思った。 絶体絶命の危機に陥った神采頃、苦悩に包まれた二役. 怒りと不安感に捕われたイユング. 各自他の感情で揺れる主人公の姿で‘7日の王妃’ 7回は終えられた。

視聴者たちが付けた名前のように逆境カップルの逆境ロマンスが60分をいっぱい満たした。 二役の安全のために自身の犠牲を選んだ神采頃. そのような神采頃を救うことができなくて気が焦る二役. 涙ぐましい危機の中より一層深くなった二人の愛が視聴者の心までも切ないことで染めた。 硬いストーリー、パク・ミニョン煙雨陣2人の俳優の繊細で響きある延期(煙、演技)が交わって視聴者の感情モール入道は沸き上がった。

そうであるかと思えば神采頃、二役の逆境ロマンスに劣らないようにテレビ劇場の心をたたいたのがある。 すぐに不安感と怒りに包まれてますます変化していくイユングの姿だ。

神采頃が危機を自任して逃走させた盗賊が二役と似ていたという事実がイ隆恩腹が立った。 その盗賊が本当に5年前死んだ自身の弟二役かと思ってイ隆恩不安だった。 二役か分からないその社内によって神采頃と新水芹(チャン・ヒョンソンの方)等自身の人々が痛く感じて手に負えながるのにイ隆恩怒った。 これまた刺身を繰り返すほどイユングと渾然一体になっているイ・ドンゴンの力がある熱演があって可能だった。

果たして神采頃はミョンヘから自身を守って、二役の命も手に入れることができようか。 逆に二役は危機の中で神采頃を手に入れることができようか。 嵐のような事件の中いらいらするイユングの感情はまたどうなるだろうか。 これらすべてのものが公開される、目を離せない‘7日の王妃’ 8回は今日(22日)午後10時放送される。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 22.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/33396-11f90569

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR