"歴代級反転"...放映終了2回残った'サークル',どんな結末合おうか

0000265763_001_20170621073229760.jpg
‘サークル:続いた二つの世界’の反転がもう一度通じた。 ヨ・ジングがヒューマン費システムそれ自体であった。

20日放送されたtvN最初SF追跡劇‘サークル:続いた二つの世界(以下サークル)’ 10回である庸愚(ソン・ヨンギュ)の衝撃証言で視聴者たちに衝撃を抱かれたキム・ウジン(ヨ・ジング)が生きているということが明らかになって気がかりなことを引き上げた。 だが、キム・ウジンがヒューマン費スーパーコンピュータの重要要素でありシステムそれ自体であることが明らかになってもっと大きい衝撃を抱かれた。 反転職人‘サークル’は残った2回の間どのような話が繰り広げられるのか計ることもできない鳥肌出る展開で視聴者たちをひきつけた。

‘パート1:ベータ プロジェクト’キム・ウジン(ヨ・ジング)と限定研(コン・スンヨン)ウン教徳洞(トクトン)地下書斎で記憶映像システムを発見したが作動法は捜し出すことができなかった。 キム・ウジンは記憶を失われるキム・ボム菌(アン・ウヨン)に映像化された記憶を残した。 CCTVでキム・ウジンと限定研を監視している間システムの作動法を知るようになった拍動件(ハン・サンジン)はある庸愚とキム・ギュチョル(キム・ジュンギ)を後援したヒューマン費財団に引きずられて行くが駅に協力を提案した。

拍動件とヒューマン費はホン・ジンホン(ソ・ヒョンチョル)の捜査を防いで事件を隠そうとした。 キム・ボム菌まで拉致しようとしたがキム・ウジンと限定研が先に知るようになったおかげでキム・ボム菌を守ったがますます包囲網が狭めてきていた。 限定研とキム・ボム菌を連れてこいとのハン教授の提案を受けたという拍動件の嘘を聞いたキム・ウジンはおばあさんの木ネックレスがお父さんキム・ギュチョルの研究資料が入れられたUSBであることを知るようになる。

‘パート2:素敵な新世界’キム・ジュンヒョク(キム・ガンウ)と限定研は“キム・ウジンは医学的に完全に死亡した”というある庸愚の証言にもう一度衝撃を受けたがキム・ウジンなしでスーパーコンピュータが作動にならないという事実に一抹の希望をかけて再び追跡を始めた。 アンジョンケオチプにウイルスを浸透した後自ら捕えられた二号数(利器狂)の犠牲のおかげでスーパーコンピュータがあるヒューマン費潜入に成功したが保安要員によって制圧された。

限定研の予測のとおり格別装飾を複製できなかった拍動件は限定研がエイリアン別の記憶を探すようにアンジョンケオチプを無理に注入しようとした。 危機の瞬間スーパーコンピュータが麻痺して混乱した合間を利用してヒューマン費99階へ向かった二人. 暗闇の中誰かに向かって“ウジンが合う?”と涙を流す衝撃エンディングは視聴者たちの気がかりなことを増幅させて。

初放送以後視聴者たちの予想を抜け出す展開と反転で‘反転職人’という愛称まで得た‘サークル’は最終長に向かってますます反転の衝撃がより増している。 次元が違った反転だけでなく反転が含んでいるメッセージやはり重たくて、劇全体を貫いて版をひっくり返すということなのでじわじわパズルを合わせた視聴者たちは混乱に陥るほど。 キム・ウジン自体がヒューマン費記憶映像化システムであったという反転は歴代級だった。

記憶映像化システムはお母さんの顔が思い出さなくて悲しんだキム・ウジンのために星が作った装置であった。 だからキム・ウジンだけを認識して作動した。 キム・ギュチョルとある庸愚、拍動件までシステムの作動法を解きほぐそうと研究を持続したが結局は格別装飾を複製できなかったしキム・ウジンを利用してスーパーコンピュータを作動させていた。 後半部最大の関心事であったキム・ウジンの歩みは予想をひっくり返した衝撃的な真にあらわれた。 放送末キム・ジュンヒョク、限定研の衝撃的な表情だけ公開されただけ実際にキム・ウジンの姿はあらわれなくて2037年‘パート2:素敵な新世界’にどんな姿で初めての登場するのか好奇心も増幅されている。 これに加えてスーパーコンピュータと深い関係があるようなサークルレートが何かも気がかりなことが大きくなる。

SFというジャンルであるのに最も人間の本質に対して質問して感情船を強調した展開は視聴者たちの共感の幅を高めている。 二号数はキム・ジュンヒョクとヒューマン費に潜入することができるように犠牲にしたし、拍動件はキム・ウジンはスーパーコンピュータの部品のように利用していたにもかかわらず限定研にキム・ウジンのために犠牲にしろと強要することもした。 キム・ウジンとキム・ジュンヒョクの兄弟愛やはり初回から劇を引っ張ってきた主要な感情船だ。 キャラクターに没入できる感情船を繊細に扱っているので後半部に行くほど速度感を高める展開にも視聴者たちはより一層没頭できるように導いている。

真実と記憶、幸福に対して投げるメッセージも一層力をもらっている。 キム・ギュチョル失踪以後いつも不安な状態であったキム・ボム菌が心配なしで笑って幸せになるとすぐにキム・ウジンは混乱に陥った。 エイリアン別だが限定研の記憶を有しているのに自身のアイデンティティに対する混乱を経ている限定研の悩みも記憶とアイデンティティに対する質問を投げる。 拍動件はキム・ウジンをスーパーコンピュータの部品程度で感じていた。 最も非人間的な方法で誕生した技術がスマート地区市民の記憶を遮断して完ぺきな幸福を維持していた。 この矛盾は反転と鳥肌出る展開を越えて深い余韻を残している。

一方、放映終了まで2回残したtvN最初SF追跡劇‘サークル’は毎週月、災い午後10時50分放送される。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 21.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/33371-d2e6dce3

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR