[Vライブ]イ・ジェフン、率直なこの男に反する"愛嬌誉めて"[総合]



俳優イ・ジェフンが率直な話術を披露した。 

イ・ジェフンは20日、ネイバーVライブを通じて放送された'俳優Whatおしゃべり'を通じてファンと出会いを持った。

同日、イ・ジェフンはデビュー10周年の感想について"始めたばかりのようだが10周年になったなんて気持ちがいい"と話した。

そして、"今後20年、30年長く延期するつもりなので、これから20周年、30周年にもこのような席作ったら良いと思うわ"、"まだ赤ちゃんだ"と付け加えて笑いを誘った。

イ・ジェフンは来る28日に封切られる映画'朴烈(パク・ヨル)'で観客たちと会う。 

イ・ジェフンは"上映すれば、観客の方々と会話を交わす時間を持とうとする"、"300万人を超えれば、映画の中の扮装をしてラジオを出て劇場にも行って観客に会う時間を持とうとする。 Vアプリ放送もする"と公約をかけてファンから声援を受けた。 

最近'ヘクノジャム'と呼ばれているというイ・ジェフン。

イ・ジェフンは"以前に人を笑わせてみると投げつけた。 不埒なことをたくさんしたようだ"と話した。

続き、"人たちが'やめて'としたが、屈することなくコメントを乱発している"、"以前と違って、10球を投げて1本が爆発し、最近には5個を投げると、1本が爆発している"と自慢し、笑いを誘った。

一方、イ・ジェフンは李ジュンイク監督と呼吸を合わせたのに対して"本当に嬉しかった"と話した。 

続き、"監督の作品を見ながら夢を育てたが、とてもうれしかった"、"ところでシナリオを見て当惑した。 実存人物を延期しなければならず、日本語が多かった。 作品に誰がなるか心配をたくさんした。 イ・ジュンイク監督のおかげで克服していった"と率直に打ち明けたりもした。 

イ・ジェフンはデビューした時を思い出したりもした。 

彼は"独立映画、短編映画を撮っていた時期だった"、"'ジェフン、大変でしょう、もっと頑張ってほしい'と話してくれたい。 周辺に演技をしている方がなくて助言を聞くことができなかった。 それがちょっと寂しかった"、過去を回想する場面もあった。 

イ・ジェフンは"今幸せだ。 大変な瞬間がないと、演技、映画が作られない。 私が負担しなければならない部分であるようだ"と伝えた。

一方、'朴烈(パク・ヨル)'は1923年、日本東京、6千人朝鮮人虐殺を隠蔽しようとする日帝に真っ向から対抗した朝鮮最高の不良青年朴烈(イ・ジェフン)と彼の同志であり恋人史子(チェヒソ)の信じにくかった実話を描いた作品だ。 来る28日封切り予定。


スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 20.2017   0 comments   0 trackback
Category :俳優

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/33369-89076dd2

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR