"言い訳→謝罪"ユンソナ対する世論、依然として冷ややか



俳優ユンソナが2回謝罪した。

ユンソナは18日、所属会社のシエルにはカンパニーを通じて息子の学校暴力問題と関連して謝罪の意を伝えた。 彼は"一連のうちの子学校の修練会で発生したことについてけがをした子供とその家族そして学校といろいろな人に頭を下げておわび申し上げる"と謝罪した。

続き、"今回のことを処理することにあって私たち家族の無念を先に考えた部分についても謝罪を申し上げる。 初期対策におり、弁解で一貫してしまった私の姿についても深く反省している"と謝罪より悔しかった部分について弁明したことについて、申し訳ないとの立場を明らかにした。

先立ち、SBSニュースを通じて、ソウルのある私立小学校で学生4人が同じクラスの生徒1人を集団で殴打した事件が発生したという内容が報道され、加害者のうち、ユンソナの息子が含まれているという事実が明らかになった。 

今回の事件と関連して、ユンソナ側は"担当教師のインタビューの悪意的な編集と表現したことについては、事実関係の内容の情報が不足してこれを訂正します"とし、"ニュースで野球バットに描写されたそのバットはよく子供たちが持って遊んだスチロールで覆われたプラスチック製のバットとして致命的な危害を加えられる武器がありませんでした。 また、バナナ牛乳ようボディウォッシュを子どもたちが無理やりに飲ませたという部分も何度も調査によって事実がないことが判明しました"と釈明した。

このような釈明は、もっと大きな議論を集めた。 ユンソナ側の立場は心のこもった謝罪より言い訳を並べるに汲々としていたから。結局、一部のネチズンはユンソナのKBS 2TV芸能のドラマ'最高の漢方'出演を置いて下車を要求するに至った。

状況が悪化すると、ユンソナはもう一度謝罪の意思を伝えたもの。彼は"私の不十分な対処によってさらなる被害が発生しないことを望んでおり、進められている今回の事案についても心を尽くして誠実に調べに臨む"、"もう一度私の家族のことでご迷惑をおかけして本当に申し訳ない"と改めて謝罪した。

しかし、世論はまだも冷ややかだっだ。 いくら自分をした後も、息子の行動に対する謝罪よりは言い訳からしてしまったユンソナだったに、彼の心のこもった謝罪がもう遅いという反応が支配的だ。

スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 18.2017   0 comments   0 trackback
Category :事件

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/33336-4d2e3ae8

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR