ユン・ソナ側"息子学校暴力報道、悪意的編集あって"(公式の立場専門)

0000745409_001_20170617104430731.jpg
俳優ユン・ソナが最近ふくらんだ息子の暴力記事関連に立場を明らかにした。

所属会社シエレンコムポニは17日公式報道資料を通じて"多くの方々の憂慮をもたらしているこの報道と状況をとうてい黙黙と見守ることができなくて実際起きた問題の事実関係と進行状況、そしてユン・ソナの公式的な立場に対して申し上げようと思う"と明らかにした。

シエレンコムポニは"SBS報道で知らされた小学校3学年学生たちがある子供をふとんの中に閉じ込めて無差別的な集団暴力を行ったという事実は相当部分違う"として"ニュースで野球棒で描写されたその棒はよく子供たちが持って遊んだスチロフォームでかばったプラスチック棒として致命的な危害を加えることができる武器ではない"と解明した。

引き続き"バナナ牛乳形ボディーウォッシュを子供たちが無理に食べさせたという部門も何回も調査によって事実でないことが判明した"と付け加えた。

ユン・ソナは公式の立場を通じて"単純に子供たちのいたずらであったという軽い考えと行動で臨んだことはただ一度もない"として"有名人という私の特殊な職業がこの問題に影響を及ぼすように行動したり意図したことは毛頭ない"という事実を強固にした。

次はシエレンコムポニ公式の立場専門.

こんにちは。 俳優ユン・ソナ所属会社シエレンコムポニです.

まず最近ふくらんだSBS 8ニュースに報道された小学生暴力記事関連により多くの方々の心配をかけて差し上げた点申し訳ないと考えます。

多くの方々の憂慮をもたらしているこの報道と状況をとうてい黙黙と見守ることができなくて実際起きた問題の事実関係と進行状況、そしてユン・ソナの公式的な立場に対して申し上げようと思います。

最初にSBS報道で知らされた小学校3学年学生たちがある子供をふとんの中に閉じ込めて無差別的な集団暴力を行ったという事実は相当部分違いがありました。 部屋でふとんなどで友達どうしいたずらをした状況であったし子供たちが色々キョプのふとんで押していた状況はいくつかの初度まだならない短い時間でした。 とりわけニュースで野球棒で描写されたその棒はよく子供たちが持って遊んだスチロフォームでかばったプラスチック棒として致命的な危害を加えることができる武器ではありませんでした。 また、バナナ牛乳形ボディーウォッシュを子供たちが無理に食べさせたという部門も何回も調査によって事実でないことが判明されました。 単純に被害子供がバナナ牛乳形をした物を子供たちのように確認する状況でそっと味わって吐いたことが全部であったです。 SBSのニュースでこういう具体的な事実を両側の対照検討なしで被害子供両親の言葉だけ聞いて報道したという事実と被害子供の両親と相談をした担当教師録音が悪意的に編集されて放送に出て行ったという点は真に遺憾です。

二番目は問題発生以後のユン・ソナが取った対処に対する状況です。

修練会数日後被害子供ご両親が学校に問題提起をしたしユン・ソナは担任先生から連絡を受けました。 何より該当子供の状態が心配になって学校側に連絡先を尋ねたし学校側から真偽の有無を把握後円満に解決するから少し待ってほしいという話を聞いて待ちました。 担任先生の措置ですべての学生たちがいる所で一緒にあった子供たちと謝罪をしたしその後被害子供を含んだ子供たちが共に良く過ごしたといいます。 だが、被害子供ご両親状況は解決されなかったです。 これ以上遅滞できなかったユン・ソナは数回連絡をしたが受けなかったし文字で引き続き謝罪の話と子供の健康状態などを尋ねましたがそのまた、黙殺無返答でした。 引き続き連絡を受けなくて子供を連れて家でも訪ねて行きました。 該当子供の両親に会ってくやしい部分がたくさんあったが仕事がこれ以上悪化する状況を防ごうと理由問わず子供と一緒に涙で謝罪したし被害子供に必要な措置もまた、約束しましたが簡単に受け入れて下さらなかったです。 学校での10余回あった陳述調査と調査委員と弁護士が同席した学校暴力委員会まで誠実に臨んだしその結果この問題は故意的や計画的になされた暴力状況でなく該当措置ないということの決定と和解と譲歩に関する勧告事項を受けました。 該当学生両親の要求は大きく二種類でした。 最初には治療費に関する部分であったしその部分は事実関係を問わず初めから当然責任を負けると申し上げました。 二番目は子供たちがボディーウォッシュを強制的に食べさせたのを認める陳述を含んだ謝罪を公開的にしろということでした。 だが、数多くの調査と確認にもその部分は事実ではありませんでした。 数回謝罪は受け継いできたが子供のママとして事実ではないことに子供に偽り陳述を強要することが正しいことでないと考えました。

最後にユン・ソナの公式の立場です。

私は公認である以前にある子供のママとしてそして人間として私の子供が大切なように他人の子供もまた大切だということをよく知っています。 事実がとりあえず今回のことが単純に子供たちのいたずらであったという軽い考えと行動で臨んだことはただ一度もありません。 誰より該当子供の健康状態と両親の心を心配して積極的に対処して勤めてきました。

名人という私の特殊な職業がこの問題に影響を及ぼすように行動したり意図したことは毛頭ありません。 かえって私のそういう職業が私と私の子供にはあまりにもこの上なく大きい傷で残されることになった状況です。 だが、そのような大人たちの状況は今何の意味がないと考えます。 被害学生と加害者という疑いをかけられることになった学生たち全部もう10才余りなったまだあまりにも幼くて皆に大切な子供たちです。 この子供たちの傷を一日も早く治癒して元気に育てるようにするということに悩んで努力する両親になるべく努力します。

もう一度心配させた点あまりにも申し訳ないと考えます。 再びこういうかんばしくないことが起きないように公認として子供のママとしてより一層努力する姿見せて差し上げます。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 17.2017   0 comments   0 trackback
Category :トラブル

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/33320-21366765

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR