'品のある彼女'ミステリー顔いっぱいに…金希宣(キム・ヒソン)X金ソンアがジャンル(総合)



'品のある彼女'ハイライトを見ても分からないドラマだ。 スリラーとブラックコメディが目立っている中、金希宣(キム・ヒソン)、金ソンアの活躍ぶりがすぐ'品のある彼女'のジャンルになる見通しだ。

JTBC新金土ドラマ'品のある彼女'製作発表会が14日午後、ソウル永登浦区永登浦洞のタイムスクエアアモリスホールで開かれた中、俳優の金希宣(キム・ヒソン)、金ソンア、チョンサンフン、李基雨(イ・ギウ)、イテイム、金潤哲(キム・ユンチョル)監督が出席した。

'品のある彼女'はミステリアスなパクボクジャ(金ソンア分)が莫大な財力や優れた美貌を誇る財閥家の嫁ウアジン(金ヒソン)の義父安泰洞(金ヨンゴン)の介護人で入って起こることを通じて上流層のすっぴん顔を暴くドラマだ。

の金潤哲(キム・ユンチョル)監督は'品のある彼女'のジャンル区別に関して"多様なジャンルを持っている。 大きな流れは2人の女性の大河ドラマだ。 金ソンアが殺されてしまうのだが、その過程と犯人を明らかにするミステリー・スリラーがある。 また、キム・ヒソンがチョンサンフンの不倫によって新しい人生を見出していく話が一つの軸を担当する。 持った人たちの話を楽しく、ブラックコメディのように描いている。 混種ジャンルと毎回ジャンルが変わる。 20部作中退屈しないように、楽しく見ることができるのだと思う"と話した。
20170614231015735.jpg

また、金希宣(キム・ヒソン)、金ソンアのキャラクターについて"このキャラに金希宣(キム・ヒソン)、金ソンアほど最高のカードはなかった。 編集しながらも、最高の選択だと思った。 ドラマを見るとどうして、二人の俳優がこの役割をしたのか分かるだろう"と絶賛した。

キム・ヒソンは'品のある彼女'ウアジンについて"結婚後私が置かれている状況とたくさん似ていた。 子供を育てるお母さんというのが最もよく似ている。 また、子供お父さんがこのような状況では、どうか代入しながら演技して没頭する楽だった。 結婚後牛牙陣と私が似ている面が多くて表現するのに役になった"と話した。 金ソンアは作品選択に'私の名前はキムサムスン'で呼吸を合わせた金潤哲(キム・ユンチョル)監督を向けた無限の信頼があったと。

'品のある彼女'には、上流層の生活、不倫、家政婦(パクボクジャ)が財閥の会長を誘惑するなどの素材が登場して'マクチャン・ドラマ'と誤解される余地がある。 これに対して金潤哲(キム・ユンチョル)監督は"朝ドラマや週末連続ドラマのような地点がきっといるが、ストーリー展開が常套的ではない。 二番目に演出としてセットやファッションなどビジュアルが朝ドラマに似ないようにするため努力した"と話した。 金ソンアも台本の力を話しながら"人間の欲望について観察することができるだろう"と話した。

16日午後11時に初放送。


スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 14.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/33272-fe4f4e86

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR