チェ・ジンヒョク、台湾MTV出演..‘トンネル’効果ぱんぱん

0003556253_001_20170614080920939.jpg
俳優チェ・ジンヒョクが台湾MTV ‘ウォアイオウシャン’に出演して次世代韓流スターとしての位置づけを固めた。

チェ・ジンヒョクは6月初め放送された台湾MTV ‘ウォアイオウシャン-アイドル オブ アジア’に出演してドラマ‘トンネル’と俳優本人に対する率直な話を交わした。

今回の撮影は台湾MTV側の積極的な要請で成し遂げたことで、‘ウォアイオウシャン’側がチェ・ジンヒョクとのインタビューのために台湾から韓国に直接渡ってきて撮影を進めるほど交渉に精魂を込めた。 台湾ではドラマ‘トンネル’とチェ・ジンヒョクが代表時事プログラムTVBS ‘テンナムジョクセゲ’メイン ニュースに紹介されるなど、作品と俳優に対するこれまでの関心が多大だった。

進行されたインタビューでチェ・ジンヒョクは簡単な中国語で自身を紹介して、進行者と身近な合計を合わせてインタビューを機転が利くように継続して‘次世代韓流スター’の価値を立証した。

チェ・ジンヒョクは‘トンネル’に対して“激しく延期した作品で、結果的にうまくいって限りなく感謝する”という所感を明らかにした。 進んで‘トンネル’でパク・グァンホ-全盛式コンビで活躍したピョン・ヒボン先輩をはじめとして出演陣の延期(煙、演技)内面空白に尊敬を表わして“作品が終わったが、まれに再び挑戦してみたい気がする”として愛情を表わすこともした。

該当インタビューは台湾内で多くの関心を集めただけでなく、ユーチューブに登録された放送クリップやはり有意味な照会数を記録して‘トンネル’の後光効果を正確に見た。 チェ・ジンヒョクの所属会社チトゥリクリエイティブは“あるハン令(領)にもかかわらず、台湾をはじめとする中華圏で作品と俳優が引き受けたキャラクターに対する余韻が長く残っていて驚くべきで感謝する”と伝えた。 進んで‘トンネル’がユニバーサル ジャパンとも版権販売作業を完了しただけ、今後日本国内でもチェ・ジンヒョクと‘トンネル’の熱風が続くものと見られる。

チェ・ジンヒョクは現在の次期作を準備中であり、‘トンネル’日本広報スケジュールを控えている。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 14.2017   0 comments   0 trackback
Category :俳優

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/33261-e4f0a944

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR