ヒョンビン・チョ・インソン笑って、イ・ビョンホン・チェ・ミンシク泣いて

2017年上半期、数多くの映画が観客を訪ねてきた。 ヒョンビンは'共助'で興行不振の憂慮をきれいに洗い落としたし、'特別市民'チェ・ミンシクは予想外の不振に泣き顔になった。

今年前半期映画界は国内外作品が等しく愛を受けた。 年初には韓国映画が優勢だった。 正月連休恩恵を正確に口は'共助'が1,2月をさらったし、'操作された都市'と'再審' 'ダッキング'等が次の順位に上がった。 '君の名前は'は300万を突破して歴代日本アニメーション最高興行作で登板した。

3月からはハリウッド映画強勢が目立った。 全世界をさらった'美女と野獣'が国内500万観客をひきつけたし、相次いで封切りした'怒りの疾走:さらにエクストリーム' 'カディオンズ オブ ギャラクシーVOL.2' 'カリビアンの海賊:死亡者は言葉がない'は宣伝(善戦)した。 その上に'プリズン'と'保安官'が300万近い観客を動員して韓国映画の存在感を表わした。

今年前半期、作品の興行の有無で悲喜が交差した俳優を顧みる。
0000487891_001_20170614080111672.jpg
◇明るく笑った…ヒョンビン、ハン・ソッキュ、チョ・インソン、イソンミン

ヒョンビンがいよいよ映画興行不振のドロ沼から抜け出した。 軍除隊以後ひきつづき興行苦杯をなめたヒョンビンは'共助'(監督キム・ソンフン)で存在感を表わした。 '共助'は781万観客の心をとらえて今年前半期最高興行作にそびえ立った。

ヒョンビンとユ・ヘジンの特急(特級)セーミと家族皆が共に見ることができるアクション映画という点は正月連休家族観客を大挙劇場に導いた。 特に封切り以後あふれた'ヒョンビンの顔がつくした' 'ヒョンビンの顔が烈日'という評価は女性観客のチケット購買を牽引した。

ハン・ソッキュはブラウン管とスクリーン興行はえ縄漁業に成功した。 ドラマの中'変わり者天才(天災)意志(医師)'は映画で'刑務所王国の君主であり独裁者'に変身した。

1月放映終了したSBSドラマ'ロマンドクターキム師父'が30%近い視聴率を記録したとすれば3月封切りした映画'プリズン'(監督ナヒョン)は300万近い観客を動員した。 最終スコアは293だけで、無難に損益分岐点も越えた。

'プリズン'とは'犯罪との戦争'を越えて歴代青少年観覧不可映画オープニング新記録(16万8337人)をたてることもした。

チョ・インソンは'ダッキング'(監督ハン・ジェリム)でもう一つの人生作に会った。 9年ぶりにスクリーンに戻ったチョ・インソンは不正検査非常に薄く作った陶磁器の胴体数役を担って人生演技をした。 'ダッキング'は歴代1月封切り韓国映画最高オープニング スコアを更新したのに続きチョ・インソン最高の興行作になった。 最終スコアは531万.

イソンミンのスクリーン興行は現在の進行中だ。 彼が主役を演じた映画'保安官'(監督キム・ヒョンジュ)は258余万観客を動員した。 帰郷した前職刑事の活躍像を描いた'保安官'とは'カリビアンの海賊' 'ケサウッ' 'カオゲル2'等ハリウッド映画の攻勢の中で強く底力を発揮中だ。

映画興行に力づけられてイソンミンは'5月映画俳優ブランド評判'(韓国企業評判研究所調査) 1位に上がることもした。

この他にも多作のアイコン チョ・ジンウンは今年前半期'解氷'(監督イ・スヨン、120万)と'保安官'全部損益分岐点を渡すのに成功したし、ジョンウは真心に充ちた延期(煙、演技)で'再審'(監督キム・テユン、242万)の予想できない興行を導いた。

0000487891_002_20170614080111700.jpg
◇作品が薄情で…コス、ソン・ヒョンジュ、イ・ビョンホン、チェ・ミンシク

コスは今年リリースした二つの作品で残念な思いをした。 SF映画とサスペンス スリラーなど新しい挑戦は眩しかったが観客評価は冷静だった。 2月封切りした'ルーシッド ドリーム'(監督キム・ジュンソン)は10万人、3ケ月間隔でリリースした'石造邸宅殺人事件'(監督正式、キム・フィ)は34万人に終わった。

'鬼ごっこ' '悪の年代記' 'トポン'等スリラー物で強気を見せたソン・ヒョンジュはジャンルが変わるとすぐに観客の無視された。 3月リリースした'普通の人'(監督キム・ポンハン)で彼は1980年代を代弁する平凡な小市民でくやしかった。 成果は惜しかった。 総観客は39万人だった。

国際的俳優に新たに出たイ・ビョンホンは映画'シングルライド'(監督イ・ジュヨン)で35万観客を動員した。 '内部者' '密偵' 'マスター'に続いた興行と交錯した歩みに目を引いた。 映画でイ・ビョンホンは反転の中心に立った人物を延期した。

大統領選挙特需を期待した映画'特別市民'(監督パク・インジェ)は意外な不振に涙があふれた。 チェ・ミンシクの強烈なカリスマが引き立って見えた映画は136万観客を引き込んだ。 だが、ついに損益分岐点を渡すことができなかった。

この他にもイムシワンは'ウォンライン'(監督両敬慕、43万)に続き'無頼漢:悪い奴等の世の中'(監督ビョン・ソンヒョン、92万)まで100万突破に失敗した。 特に'無頼漢'はカンヌ国際映画祭公式招請にもかかわらず、ビョン監督のSNS発言論議などに足をとられた。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 14.2017   0 comments   0 trackback
Category :映画

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/33259-763b309c

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR