'Vライブ'イ・ドンウクが実の兄ならば? 小言も蜜のようだよ

201706130008240187342_20170613000745_01_20170613065920225.jpg
俳優イ・ドンウクが自身の妹に関し話した。

12日午後放送されたVアプリ'イ・ドンウクの来たさらにエアー'でイ・ドンウクは近況を公開したり理由を読んでファンたちと疎通した。 この日彼は小言が激しい兄さんにストレスを受けているという女性ファンの理由を紹介した。 女性ファンは兄さんと10年ぶりに一緒に住むことになったのが初めには良かったが、ますます激しくなる私生活干渉に不満を抱いていた。

これに対しイ・ドンウクは"そんなことがある。 弟(妹)はひたすら幼く見える。 小学校、中学校時期が記憶に残るため"としながら"そのようなもの現実兄弟姉妹の対話だ"と口を開いた。 引き続き彼は"しかし小言もすべてした時だ。 各自ことが起こって、社会生活にせわしくなれば小言する時間もない"と付け加えた。 また、イ・ドンウクは"ややはりそうした。 3才年の差の妹に小言をものすごくした"として"もちろん私の弟(妹)はこの頃小言聞かないと好きだ"としながらフフッと笑った。

二番目理由はアイドルを夢見る娘を置いたお母さんの話であった。 お母さんは娘に歌、踊りなどの才能がないように見えて心配があるいっぱいだった。 これと関連してイ・ドンウクは自身の幼い時期の話を取り出した。 彼は"私が高等学校2学年である時ご両親に俳優になりしたいと、延期(煙、演技)学院(塾)を送ることができないかと話したことがある。 この時、ご両親が延期(煙、演技)で暮らすことができるかと尋ねたよ。 悩みなったが、次の日暮らせる場合があるので演技を学べるように助けてほしいと申し上げた。 そんなに延期(煙、演技)学院(塾)を通ってデビューして、現在に達することになった"とした。

また、イ・ドンウクは"私の何を信じておされたのか分からない。 ご両親の決断が現在の私をあるようにした"としてご両親に対する監査(感謝)要人を伝えた。 それと共に彼はお母さんに向かって"娘がオーディションを見るようにすれば良いようだ。 練習生になる過程も大変だから、ここで通過するならば支援すると説得するのがどうだろうか。 無条件ならないといえば娘が擦れ違うこともできる"として心で沸き出る助言を残した。

イ・ドンウクは自身の近況も明らかにした。 彼は"去る5月中20日余りを海外で送った。 広告撮影車(茶)台湾に行ってくることもした。 また、インドネシアなど海外各地でファンミーティングを進めてアジア ツアーを盛況裡に開催中"としながら忙しい日常を紹介した。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 13.2017   0 comments   0 trackback
Category :俳優

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/33248-cf592a2d

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR