'軍艦島'イ・ジョンヒョンが米打った..キャラクターために36.5kgで'体重減量'

0003555458_001_20170613081220568.jpg
0003555458_002_20170613081220581.jpg
俳優イ・ジョンヒョンが映画‘軍艦島’(監督リュ・スンワン)を通じて強靭な朝鮮女性に戻った。

‘軍艦島’は日帝強制占領期間、日本、軍艦島に強制徴用された後命をかけて脱出を試みる朝鮮人の話を描いた映画だ。 2014年‘ミョンニャン’で痛みを大事に保管した悲運のチョンさん女性キャラクターを繊細な演技力に表現したイ・ジョンヒョンはドラマチックなストーリーに感動を加えて千万観客の心をとらえた。

2015年‘誠実な国のアリス’ではがめつい生活の達人スナムで分解青龍映画賞主演女優賞を受賞してイ・ジョンヒョンだけの個性強い演技力を立証した。 多様な作品でイ・ジョンヒョンだけが消化できるキャラクターで俳優としての独歩的位置づけを固めてきたイ・ジョンヒョンが‘軍艦島’の強靭な朝鮮女性晩年で劇に力をのせる予定だ。

‘軍艦島’であらゆる受難を体験しながらも堂々としていることを失わない強靭な女性晩年で分限イ・ジョンヒョンが軍艦島朝鮮人のある軸をなしていったい不可である存在行くことを見せてくれる。 誰にもしょげないしっかりしている姿で自身より軟弱な朝鮮の幼い少女を抱いてさわる毅然とした晩年はイ・ジョンヒョンだけの繊細な演技力と爆発的なエネルギーを通じて観客に詰まって感じでよく聞こえないということを伝える予定だ。

特にキャラクターのために歴史的資料を研究したことはもちろんなまりを活用してディテールな部分までのがさない努力を傾けたイ・ジョンヒョンは時代的痛みを持ったキャラクターを現実感あるように表現やり遂げた。 また、作品のために36.5kgまで体重を減量しても5kgに肉迫する銃を取って脱出アクションの銃撃神(靴)を直接消化するなど保身を図らない熱演を広げた。 これに対しチョン・ドゥホン武術監督は“辛い歴史を表現するために弱々しいからだで体重をさらに減量した。

5kg重さになる銃を取るアクション場面も肝っ玉があるように消化した。 それが俳優の力であるようだ”と前年期待感を高めさせる。 このように作品に対する格別な愛情と闘魂で共にしたイ・ジョンヒョンは軍艦島を通じて、また、一度深い印象を残すだろう。

軍艦島は日帝強制占領期間数多くの朝鮮人の強制徴用があった隠された歴史をモチーフでリュ・スンワン監督が新しく創り出した話であり、パワフルなキャスティングがより増した2017年最高期待作で今年7月封切り予定だ。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 13.2017   0 comments   0 trackback
Category :映画

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/33247-221931d6

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR