'秘密の森' 2回ぶりに4%突破…tvNドラマ残酷史切るか

0000743594_001_20170612080330989.jpg
tvN '秘密の森'がモール入道を自慢して2話ぶりに平均視聴率4%を突破した。

去る11日放送されたtvN '秘密の森' 2話がケーブル、衛星、IPTV統合された有料プラットホーム家具基準平均4.1%最高4.6%の視聴率を記録した。(ニールセンコリア提供、全国基準)

2話で視聴率が最高4.6%まで上がった瞬間はチャンジュンが柴木に死んだ薄霧性を分からないと話して柴木がチャンジュンに駅に取り引きを提案して視聴者たちに極限の緊張感をプレゼントした場面だった。

この日放送でファン柴木(チョ・スンウの方)は検察スポンサー薄霧性(オム・ヒョソプ)殺人事件の背後で検事補イ・チャンジュン(ユ・ジェミョン)を疑った。 検査の指図を受けたことだと判断した容疑者カン・ジンソプ(ユン・ギョンホ)が自殺しながらもくやしさを訴えたことに疑問を抱いた柴木. 無誠意通話記録を調べた結果無声(盛ん)が最後に通話した人物が‘LCJ’すなわちイ・チャンジュンであったし、チャンジュンは無声(盛ん)が“検察不正を暴露する”と柴木を家と呼んだ事実までも知っていた。

担当刑事ハン・ヨジン(ペ・ドゥナ)やはりおかしな気配を捕らえた。 柴木が龍山(ヨンサン)署で無誠意携帯電話通話目録を調べたし、国科捜血痕結果を同僚キム・ギョン社がスムギリョヘッタは事実を知ることになったため。 余震の粘り強い質問に柴木は結局“無声(盛ん)は検察のスポンサーであった”という事実を打ち明けた。 これに対し余震やはり自身が現場付近で発見したまた他の血痕証拠を基に“犯人は別々にある”と話した。

これを基に柴木と余震は事件現場を再び探したし、ブラックボックス映像を提供したタクシー運転手から操作の情況が疑われる話を聞くことになった。 この過程で柴木は通話目録の‘LCJ’が自身の商社であるイ・チャンジュンであり余震の商社である龍山(ヨンサン)署長と彼が友達という点を話して、“私たちはファクトを探す人々だ。 埋められてしまったファクトをあなたが捜し出した。 それを生かすかやめるかとの今決める問題でない”として再捜査に参加することを間接的に提案した。

ジンソプの自殺で不良捜査に対する責任を問う言論により検察と警察は全部困難な状況に陥った。 証拠操作、隠匿、不良、強圧調査に対する内部監査(感謝)が予告された中で、処世術にたけていたイ・チャンジュンはこれを全部公判を引き受けた英恩讐(シネでは)にすべての荷物を負わせようとする計画をたてた。 そして柴木には“世論宥和用で最小限1人は服を脱ぐことだ”とムードを高めた。 引き続き“自身はまもなく検事長バッチを付けること”としながら柴木に刑事部長席を提案した。

“私はパク社長を分からない”と柴木を周知させるチャンジュンに過去上納がなされたリゾートの話を取り出した柴木. 彼はチャンジュンのひそやかな脅迫にも全く揺れなかった。 かえってチャンジュンの席に座って“刑事部長席はとても小さい。 この席を違って”とするどく正面対立した。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 12.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/33218-f43c8754

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR