'マン ツー マン'パク・ヘジン〓キム・ミンジョン、明らかでないハッピーエンドだと良かった

0003554513_001_20170611065122439.jpg
‘別れた男と女が再び笑って会うだろう?’

‘マン ツー マン’の結末はキム・ミンジョンが遠くから歩いてくるパク・ヘジンを微笑を浮かべた顔で迎える場面で終わることだと予想したが、考えと違い明らかでなく放映終了した。 二人がおそらく会ったことだと推測をするようにさせた開かれた結末で終えて一層感動的な面白味を抱かれた。

10日放送されたJTBCクムトドゥラマ‘マン ツー マン’(脚本キム・ウォンソク、演出イ・チャンミン)最後の刺身ではキム説右(パク・ヘジンの方)が新しい任務のために車道下(キム・ミンジョンの方)のそばを離れる姿が入れられた。 涙鼻水流して惜しむそのありふれている別れでなく、お互いに笑って送るというのが印象的に近づいた。

このドラマは男主人公の秘密の職業と再び愛を始めるという感性的ラブ ストーリーが会ってシナジー効果を起こした。 一緒にお互いを通じて傷を治癒していくロマンスまでより増して新鮮さを抱かれた。

이미지 원본보기0003554513_002_20170611065122449.jpg

この日先立って説右は余韻狂(パク・ソンウンの方)と共にモ・スンジェ(ヨン・ジョンフンの方)と国家情報院長(カン・シニルの方)を監獄に捕まえて入れることに成功した。 ウン狂を事故死で整えようとした録音ファイルを押しこんで追及して、スンジェが尻尾をおろして国家情報院長を裏切ったため。 スンジェが“国家情報院長がすべての勢力の背後”と明らかにして二人は国旗紊乱罪で逮捕された。

自身に与えられたキムガード作戦を終えた説右は新しい任務を遂行するためにハンガリー、ブダペストに発つとドーハに打ち明けた。 説右はドーハに“胃腸(偽装)作戦が始まれば私が誰がなるのか、どんな姿に変わるのか分からない”としながら“あなたが分かる私でいつ帰ってくるのか分からない”と淡々と話した。 それと共に自身をこれ以上待たなくて付けようともいった。 これによって二人が離別することだと予想した部分もある。

ドーハは彼の話に涙を流さないで淡々とうなずいた。 “そのままここにあるからあなたもある日帰ってきなさい”とうなずく返事をしたこと。 ファンタジー的ロマンスと日常的現実を結合したラブ ストーリーで視聴者たちの球感度を高めた。

‘マン ツー マン’はついに説右がドーハのそばに戻ったのか、帰ってきたとすればいつどのようにどんな身分で現れたのかなどを詳しく教えないで開かれた結末で終えた。 恋人たちはあえて運命でもドラマチックな話の力を借りなくても十分に美しい愛することができるということを話したわけだ。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 11.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/33203-b7ac9259

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR