意識を取り戻したTOP、大麻の疑い裁判はどうなるのか



アイドルグループ、ビックバンのメンバーTOP(30、チェ・スンヒョン)のマリファナの疑いに対する公判が来る29日、初めて開かれる。 幸いにも被疑者身分の塔は意識を取り戻したが、すぐに安定は必要に見える。

ソウル中央地方裁判所刑事8単独は来る29日午前、TOPの麻薬類管理に関する法律違反の疑いの初公判期日を進める予定だ。 今回の事件の控訴状は、この5日に受け付けされて行政業務処理を通じて7日完了した。

警察は、TOPが義務警察入隊前の2016年10月、自宅で大麻を吸った情況をつかみ、最近、捜査に乗り出した。 警察は以来、この4月末、麻薬類管理に関する法律違反の容疑を適用し、起訴意見で、TOPを検察に送致した。 TOPは昨年11月第348回ソウル地方警察庁義務警察募集試験に最終合格、この2月9日、義務警察として入隊し、ソウル江南(カンナム)警察署にあるソウル地方警察庁広報担当官室で警察楽隊員として服務した。

事件を引き受けたソウル中央地方検察庁はこの5日、TOPを、麻薬類管理に関する法律違反の疑いで在宅起訴した。 以降、塔は、ソウル地方ギョンチャルチョルチョンの広報担当官室でソウル陽川区(ヤンチョング)のソウル地方警察庁所属の4機動団に転出され、検察控訴状が受け付けられ、ここでも職位解除及び帰宅措置が続く予定だ。 すでに該当部隊は8日、ソウル地方警察庁に塔に対する職位解除及び帰宅措置を要請した状態だ。

に帰宅措置までに完了されれば、TOPは、ひとまず在宅起訴状態で裁判を受けることになる。 しかし、変数ができた。 すぐに塔の体の状態だ。 

TOPは、この6日午後8時、ソウル梨花女子大附属木洞病院の救急集中治療室に入院、治療を受けた。 先立って、塔は6日午前、ソウル陽川区ソウル地方警察庁所属の4機動団に転出された後、起床時間に起きていない状況で発見され、直ちに病院に移送された。

TOPの体の具合を見守った梨花女子大附属木洞病院医療陣は7日午後4時、梨花女子大附属木洞病院2階の大会議室で主治医のブリーフィングを開き、塔の状態について"塔は現在ひどい嗜眠状態、つまり刺激に反応しない状態"だとし、"不安を減らす目的として食べている精神安定剤を過量服用したものと判断される。 塔がこの薬物を過剰服用した状態なので、意識が悪くて後で血の検事も良くない状況"と明らかにした。 以降、塔は8日午後、意識を取り戻し、9日、無事退院した。

現在のところ、TOPが裁判をまともに受ける可能性はフィフティーフィフティーだ。 結果的に初公判の期日以前に塔が覚めたしても、保護者の身辺などを懸念して裁判への参加が不可能という所見を出す可能性も少なくない。

こうなれば、裁判所の判断は2つにすることができる。 一つは裁判の日程を先送りするのであり、もう一つは、被疑者もなく裁判を進めることである。 しかし、今回の事件が刑事事件で、原則的に被疑者は無条件に、裁判に参加しなければならない。 塔も意識を訪れたために現実的に裁判が持ち越されることにもっと重きが集まっている。 

法曹界の関係者はスターニュースに"まずは被疑者が体の状態をどれくらい正常に回復するかが裁判に影響を及ぼしそうだ"と強調した。 意識をやっと見つけた塔の回復時期が今回の裁判の重要ポイントになる見通しだ。 

スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 10.2017   0 comments   0 trackback
Category :事件

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/33191-ac9d7205

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR