'7日の王妃'李ドンゴンvsベクスンフヮン、兄弟の乱序幕上がった(総合)



李ドンゴンとベクスンフヮンの戦争が始まった。

7日に放送されたKBS 2TVの水木ドラマ'7日の王妃'3回では燕山君(李ドンゴン分)と真性大君(ベクスンフヮン)が婚姻を約束する姿が描かれた。

同日、真性大君はに、ソソノ(チェミンヨンの家で受賞した動きを察知してはシンチェギョン(パクシウン)を連れて逃げた。 イムサホン(カンシンイル)が先王が残した密書を探すために送った者たちだった。

神彩警は何の過ちもないのに逃げる真性の大軍を見ながら大軍の官職が与える困難を分かるようになった。 真性大君は神彩経過一緒に逃げて行く過程で神彩頃に好感を感じ始めた。

お互いの気持ちを確認した神彩経過真性大君は婚姻を約束した。 そんな2人の前にに、ソソノが現れ、父が逮捕されて行ったとし、助けを求めた。

に、ソソノ父(キムキチョン)は、燕山君が訪れる成宗の密書を知っているため、義禁府に連れて行かれた状況。に、ソソノはその事情を知らずに先立って、自らがジンサンミを盗んだことのために師団がおきたことだと思った。

真の大君はに、ソソノ父を救うために東奔西走したが、方法がなかった。 燕山君はに、ソソノ父を斬せよと命じた。

張緑水(ソンウンソ)とイムサホン(カンシンイル)は、燕山君が真の大軍を打つように作るため、艦艇を掘った。 真性大君は張緑水の方で流した牌を持ち上げて牢獄に捕らわれていたに、ソソノ父を横領した。 神彩警はちょうど南道に向かう親戚にに、ソソノとに、ソソノ父をお願いした。 

真の大君は結局、燕山君の前に連れて行かれた。 燕山君は真性の大軍を向け、どうなっているのかを聞いた。 真性大君は燕山君に"王座のためだ"という言葉をし、緊張感を造成した。

スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 07.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/33161-259aaa9a

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR