病院側"塔、神経科-精神と協診、強い刺激で反応"


NOW

グループ、ビックバンのメンバーTOPが入院中の病院側で、今後の治療計画を明らかにした。 

7日午後、ソウル梨花女子大附属木洞病院で病院側は"TOPの呼吸不全状態が完璧に治療されなかった"、"以後、神経医学科と精神医学科などが協力診療して塔を治療する予定だ。 現在は酸素治療などをしている"と明らかにした。 

の金漢秀(キム・ハンス)梨花女子大附属木洞病院広報室長兼耳鼻咽喉科教授は"現在TOPは一般刺激には反応がなく、強い刺激にのみ反応する深い嗜眠状態"だとし、"今日午前、神経医学科と精神医学との協力診察が行われたが、(塔が)反応しなかった。 ちょっと前にも2回目の挑戦をしたが、できなかった"と発表した。 

イ・ドクヒ梨花女子大附属木洞病院応急医学科の主治医は"小便検査上で明確に知ることができる薬物の成分はベンゾジアゼピン"とし、"初めて(塔が病院に来た時)意識状態が非常に良くなかった。 それでベンゾジアゼピンを多く服用したものと見るた"と話した。 

そして、"患者が持ってきた処方箋にどちらの薬があった。 (ベンゾジアゼピンがない)他の一つ抗うつ剤は現在、検事で知ることができない"と話した。

ベンゾジアゼピンは神経安定剤の一種に睡眠薬とは違う。


スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 07.2017   0 comments   0 trackback
Category :事件

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/33155-52b0aeae

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR