ビッグバンTOP、心理的不安感に薬物の過多服用"見守っている"



ビッグバンTOPが薬物の過多服用に緊急に応急室に運ばれてきた。 生命に支障がある状況ではないが、薬物による症状を見せていることに集中治療室で見守っている。

TOPは6日、ソウルヤンチャンク新月洞のソウル地方警察庁4機動団部隊の中で長時間起きない、近くの病院に運ばれてきた。 警察病院までの距離が遠くて近い病院を選んだ。

警察側は"この5日、転入後TOPは、本部小隊で待機中だった。 当日午後10時、普段服用していた神経安定剤系の処方薬を服用して就寝に入ったが、現在までも起きていない"、"ただ、危篤であったり、意識を失ったわけではない。 しばらく目を開けたりもして動いたりもする"と話した。

警察によると、TOPは午後10時に普段から処方されて服用していた神経安定剤を服用した。 朝食を食べる時間の午前7時30分にも依然として就寝中であり、昼食時間の11時30分ごろにも依然として意識が戻ってこないのでその時、近くの病院に緊急に運ばれた。 部隊で病院までは約20数分の距離にある。

医療陣の公式立場はなかった。 "患者の安定が必要だ"と保安を強化した。 警察が代わりに伝えたところによると、血液、小便など検査の数値ロマンウンどれほど多くの量の薬が体の中にいるのか分からないと話した。 YGエンターテインメントは医師の所見を待ちながらTOPの現在の状況を見守っている。

午後5時に重患者室に移動したTOPのそばは家族たちが守っている。 病院関係者は"重患室に入院したことと病気の軽重は他の問題"だとし、"医療スタッフの判断があれば重患者室に入院することができる"と話した。

一方、警察は、TOPが普段薬を服用するほど心理的不安を経験していることを知っていた。 ソウル警察庁広報担当官室楽隊の所属だった過ぎた2日、警察側は、塔を保護大学院に指定して調べると話した。 保護大学院がなれば、別途管理対象となり、独断的営外活動が制限される。

5日、TOPは勤務地江南(カンナム)警察署を出た。 麻薬類管理に関する法律違反の疑いで在宅起訴され、当該の職位で解除されたもの。TOPは、入隊前の昨年10月、ソウル龍山(ヨンサン)区の自宅で歌手研修生のハン某(21・女)氏と計四回、大麻を喫煙した容疑を受けている。 TOPは二度の喫煙について認めており、所属会社を通じて"大きな過ちによって、多くの方々に大きな失望と物議をかもした点すべての真心を尽くして謝りたいです。 皆さんの前に直接乗り出して謝罪することすら自分がとても恥ずかしいです"と謝罪した。

在宅起訴が出て、内部規定によってTOPは、職位解除された。 ソウル地方警察庁側は4機動団42中隊に転任措置を下した。 警察側は指揮要員と隊員がそれぞれ1人ずつ貼られて管理してきたと伝えた。 それにも転出1日ぶりに好ましくない事故が起きた。

スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 06.2017   0 comments   0 trackback
Category :事件

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/33140-5b1a5294

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR