シーエヌブルー、国内単独コンサート盛況裡開催…180分ぎゅっと満たす

201706050754031919485_20170605075453_01_20170605075520149.jpg
バンド シーエヌブルーが国内単独コンサートを盛況裡に終えた。

シーエヌブルーは去る3~4日両日間オリンピック公園SKオリンピックハンドボール競技場で‘2017 CNBLUE LIVE BETWEEN US IN SEOUL’(以下ビツィーン アース)’を開催して7000余観客らと会った。

七回目ミニアルバム'7℃N(7度種には)’発売を記念して開催した今回のコンサートでシーエヌブルーはイントゥロゴク‘Radio’を始め‘When I Was Young’ ‘Domino’ ‘I'm Sorry’を相次いで呼んで単独コンサートの開始を知らせた。 以後シーエヌブルーは“今回の公演を通じて6月といえばシーエヌブルーが思い出されれば良いだろう”と話して単独コンサートにきた観客に意味深い思い出をプレゼントすることだと明らかにした。

シーエヌブルーは'7℃N(7度種には)'の収録曲‘こんがらかるように(Between Us)’を含んで’It's You’ ‘When I Was Young’ ‘マニト(Manito)’ ‘Royal Rumble’はもちろんファンたちに大きな愛を受け入れた‘このように美しかったか(You're So Fine)’ ‘シンデレラ(Cinderella)’等を通して爆発的なライブをプレゼントして合計23曲のセットリストを完全に消化した。

特にシーエヌブルーはアンコール曲他にも予定になかったアコースティック雰囲気の‘愛光’、イ・ジョンヒョンの‘私の愛’、カン・ミンヒョクの‘特別’、里程信義’足取り’等を呼んで演奏実力の他にも各自持っているボーカル実力を誇った。 現場の煮立つ雰囲気にうなずく返事をするようにセットリストになかった曲だけで1時間を追加で公演して公演会場は180分の間少しの間も冷めるとは思わなくて熱く燃え上がった。

最後にシーエヌブルーは“今回の公演は特にさらにはやく過ぎ去ったことのようで惜しい。 それでも皆さんが熱く愛してくださって感謝する”として公演会場を探した観客に感謝することを表わした。 引き続き“私どもはいつも最善を尽くしているけれど今回はさらに最善を尽くしたようだ。 デビューした時心がけを持って今後色々活動により皆さんとしばしば会うようにする”とファンたちと約束した。

特にリーダーチョン・ヨンファは“私は今年が最後の20台だが若さに対する心がけは一生行くだろう”と話して‘Young Forever’を熱唱した。

今回のソウル公演でアジア ツアー‘ビツィーン アース’の火ぶたを切ったシーエヌブルーは来る7月1日シンガポール、8日マニラ、15日ジャカルタ、8月13日バンコク、19~20日香港、9月30日タイペイなどアジア全域を舞台でライブ公演を続けさせる。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 05.2017   0 comments   0 trackback
Category :KーPOP

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/33108-bf024e89

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR