ユ・アイン♥イム・スジョン、前世越えたハッピーエンド



'シカゴのタイプライター'ユ・アインとイム・スジョンがハッピーエンドを迎えた。 前世では死に別れましたが、2017年二人は再び会うことになった。コギョンピョは彼らとの友情で、小説の中で暮らすようになった。

3日午後放送されたケーブルチャンネルtvN金土ドラマ'シカゴのタイプライター'(脚本ジンスワン演出キムチョルギュ)16回(最終回)にはハンセジュ(ユ・アイン)と伝説(イム・スジョン)、兪鎮午(ユ・ジンオ)(コギョンピョ)の最後が描かれた。

前生である1933年、京城(キョンソン)でソフィヨン(ユ・アイン)は、首長として他の隊員たちを守ろうと自決を選んだ。 シン・ユル(コギョンピョ)は親友暉映代わりに愛する女性リュスヒョン(イム・スジョン)を守ることになった。 暉映は死ぬ前にシン・ユルに手紙一通を残しているが、"必ず生きて会おう。 いや、死んでも会おう"と"生まれ変わったらその時もお前たちと一緒にしてほしいと神にお願いするんだ"と伝えた。

現在のベクテミン(グヮクシヤン)の前には、兪鎮午(ユ・ジンオ)が現れ、いざこざが起った。 ベクテミンは逃げようとしたが、警察官たちが押しかけてきており、"伝説さんの拉致の社主の疑いで逮捕する"と話した。 ベクテミンの母親は自分の息子を守るためにまた、他のシナリオを書いた。

しかし、ベクテミンは"静かにしろ! あなたのせいで息が詰まって暮すことがない"と叫んだ。 隠していた彼の本性が浮き彫りになった。彼は父ベクドハ(チョン・ホジン分)に人を車で引いたと告白し、ハンセジュを会えるようにしてほしいと話した。

ハンセジュは屋上から落ちたときには、浮上した前世の姿を伝説に聞かせた。 ハンセジュは"ソフィヨンは神に謝ったの。もう生まれてもリュスヒョン、シン・ユルとともにしてほしいと。 神は頼みを聞いてあげた。今私の目の前に君がいるじゃない"と話した。

2017060323591542d.jpg

伝説は"シン・ユルを殺したのはまさに出る。 母のおかげに記憶が浮上した"とハンセジュ、兪鎮午(ユ・ジンオ)に衝撃の告白をした。 チョンセンソリュスヒョンは新聞で'チョチョンメンの首長ソフィヨン自決'という文を見て親日派ホヨンミン(グヮクシヤン)を訪ねて、結局、彼を処断した。 さらに、リュスヒョンは暉映が首長という事を自白したシン・ユルを訪ねて、彼に銃を向けた。 リュスヒョンは"チョチョンメンの綱領に従って、裏切り者を処断する"と述べ、シン・ユルはシカゴのタイプライター胃腸に血を流して死んだ。

現生で、兪鎮午(ユ・ジンオ)は小説を完成するため、ハンセジュの執筆室を借りた。 兪鎮午(ユ・ジンオ)は伝説に"スヒョンよ、お前の過ちではない。 その時の君は当然すべきことをしただけだ。 だからこれ以上はその罪悪感を持たないで。 振り切って現実を生きて"と話した。 シカゴのタイプライターは、兪鎮午(ユ・ジンオ)の手によって再び帰り、脱稿を終えた。 ハンセジュは"私たちの小説はまだ終わらなかったの"として、今後、兪鎮午(ユ・ジンオ)と一緒に住みたいと話した。 ハンセジュは"私小説で、これからはその小説を書いてみるつもり"とし、小説の中に封印すると述べた。 ハンセジュは長編小説'シカゴのタイプライター'を完成した。

一方、'シカゴのタイプライター'後続では'秘密の森'が放送される。 来る10日午後9時に初放送されている。


スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 04.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/33094-8ee14d8e

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR