'ボイス'→'トンネル'→'デュアル'…OCNのジャンル水が与える'信頼'



ふたも行なわれなかったが期待が相当する。 OCNのジャンル水が与える信頼のためだ。 

3日、OCN新土日ドラマ'デュアル'がホームを訪れる。 チョン・ジェヨンと金正恩(キム・ジョンウン)氏が2年ぶりに茶の間に戻ってきており、新鋭ヤンセジョンがクローン人間と1人2役を演じる。 

OCNは長い時間ジャンル水に集中してチャンネル競争力を育ててきた。 'ヴァンパイア検査'、'悪い奴ら'、'行方不明・ノワールM'など様々の重い話を披露し、視聴者たちに愛されてきた中、昨年'38社機動隊'で確実な'漢方'を決めた。 このような勢いは今年初のドラマだった'ボイス'まで続いた。 

'ボイス'は息詰まるような演出と俳優たちの熱演が交わり、良い成果を収めた。 ジャンチョンを持ったサイコペス金在旭(キム・ジェウク)は完全に新しいイメージで視聴者に認識になったほど。

'ボイス'の好調が負担になりそうだが'トンネル'も強かった。 'トグノル'になるのではないかという懸念の中でスタートした'トンネル'は、毎回が繰り返されるほど、もっと面白くなり、視聴者の人々を呼び寄せ始めた。 ホーム初挑戦のイユヨンをはじめ、確実な主演に浮上したチェジンヒョクとユンヒョンミンなど、誰もが良いプレーを見せ、好評を博した。 

'ボイス'と'トンネル'が皆良い評価を受けて幕を下した中で登場した'デュアル'は素材からが風変わりだ。 クローン人間が悪の軸として登場して、金正恩氏はデビュー後初めて悪女を演じることになった。 チョン・ジェヨンは父性愛が目立っている刑事に乗り出す。 台本に魅了されたという彼らはスピーディに吹きつける'デュアル'に対する強い自信感で武装した。 

チョン・ジェヨンは、製作発表会当時、 "おもしろくないのに見と強要するわけはないのではないか。 内部時事をしたが、歴代OCNのドラマの中で最高の賛辞が出たと言っていた。 見ないと後悔することもできる"と力を込めて話し、自分する姿だった。 

毎回変わった素材に定位置を探しているOCNのジャンル水興行師に'デュアル'が堂々と名を連ねることになるかどうかに関心を引く。 3日午後10時放送。

スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 03.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/33090-9bdf449c

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR