弁護士"ビッグバンT.O.P、処罰程度? 罰金刑の可能性高くて"

0002678596_001_20170602080625680.jpg
ビッグバンT.O.Pが医務警察入隊前大麻草を満ち足りている疑惑で警察に立件された。 彼の処罰首位に関心が集まっている。

法務法人ネクストでナム・ポングン弁護士は2日日刊スポーツに"2011年大麻草喫煙疑惑で起訴猶予を受けてドラゴンの場合、初犯であったという点を考慮してそういう処罰を受けたがこの頃社会的雰囲気上T.O.Pが起訴猶予を受けることは容易ではないだろう"と暗示して"個人的にこの事件の場合、検察が罰金で略式命令を請求すると見通している。 罰金の基準は戦果(前科)の有無などにより変わる"と伝えた。

T.O.Pがこの過程で1年6ヶ月以上の懲役刑を受ければ'当然退職'で再入隊をしなければならないがその刑罰を越えなければ服務は維持される。 ナム弁護士の言葉通り罰金刑が出てくる場合、服務は維持されることができる。 これと共に今後T.O.Pの懲戒の有無は検察調査結果により変わることができるのにもう少し見守らなければならないものと見られる。

先立ってソウル地方警察庁は麻薬類管理に関する法律違反疑惑でT.O.Pを起訴意見で検察に送検した。 警察によればT.O.Pは入隊前である昨年10月ソウル、龍山区(ヨンサング)自宅で20代始め歌手練習生Aさんと三回液状大麻草を満ち足りていた。

Aさんを捜査する過程でT.O.Pの疑惑事実を把握したし小便と毛髪検査をした結果陽性反応が出てきたこと。 常習的に満ち足りていたのかどうかはまだ確認されなかった。

T.O.Pの所属会社であるYGエンターテインメント側は"報道された通りT.O.Pは機動警察入隊前大麻草を吸った疑惑で最近機動警察服務中捜査機関に召還された。 すべての調査を誠実に終えた状態であり調査過程で自身の疑惑をほとんどの認定して深く反省中にある"として"もう一度多くの方々ことが心配をかけて申し訳ない"と公式立場を明らかにした。

一方3泊4日定期外泊を出て行ったT.O.Pは2日(今日)勤務地である江南(カンナム)警察署に復帰する予定だ。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 02.2017   0 comments   0 trackback
Category :事件

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/33068-6122ac6c

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR