“韓ドラマ最初クローン人間”…‘デュアル’、演出XストーリーX延期(煙、演技)、完ぺきな3拍子

0001129943_001_20170531152312963.jpg
‘デュアル’新鮮な素材と演出そして俳優たちの演技が集まった。

31日ソウル、永登浦区(ヨンドンポク)タイムスクエア アモリスホールではOCN新しい週末ドラマ‘デュアル(Duel)’製作発表会が開かれた中でイ・ジョンジェ監督、俳優チョン・ジェヨン、キム・ジョンウン、両世宗(セジョン)、ソ・ウンスが参加した。

来る6月3日初放送されるOCN 'デュアル(Duel)'は善と悪に分かれた二人のクローン人間と娘を拉致された刑事の話を扱った追撃スリラーで、韓国ドラマ最初にクローン人間という主題で作られた。

'デュアル(Duel)'は娘を探すために孤軍奮闘するベテラン刑事場得千(ジョンジェさんの方)と成功に対する野望でいっぱいであるエリート検査チュェジョへ(キム・ジョンウンの方),すべての事件のキル握ってクローン人間ソンジュン&聖訓(両世宗(セジョン)の方)の話を描く。

複製を意味するDualでない対決を意味するDuelを題名にしたのをクローン人間という素材ぐらい同じ姿をした二人の対決というポイントに傍点を置くということ。

'デュアル(Duel)'で目につく点はクローン人間を週素材にするという点だ。 その中心には両世宗(セジョン)がある。 これに対しイ・ジョンジェ監督は"両世宗(セジョン)が一番最初出演を断った。 自身がソンジュンと聖訓駅を上手にできるか悩みがかなり大きかったといったよ。 しかし前ヤン・セジョンならできそうだと考えたとし両世宗(セジョン)に対する信頼を伝えた。

引き続きイ・ジョンジェPDは“クローン人間素材を初めて接することになった。 実際にしてみるので容易ではなかったよ。 延期(煙、演技)をする両世宗(セジョン)も同じで、多くの制約がある”と苦衷を吐露しながらも“SFだが現実性ある、写実的なメンに焦点を合わせた。 人々の間の感情に集中して作っている”として作品に対して説明した。

また、イ・ジョンジェPDは“クローン人間という単語は抑揚自体がサイボティカだ. しかし前クローン人間が私たちと同じ人間という気がする。 ただしクローン人間は処した状況が違って、特別な目的により生まれた人だけであると考える”としてクローン人間に対する自身の考えを打ち明けた。

劇で主人公でありデビュー後初めての悪役を引き受けたキム・ジョンウンは“‘デュアル’は主人公が愛していないという点が魅力的だ。 猛威全(前)メローであるドラマでない息をする開くことなく事件中心に戻る展開がはやい捜査劇だ”とドラマに対する自信を表わした。

チョン・ジェヨンやはり“観戦スピード、延期(煙、演技)、演出、扮装、照明など全てのものが観戦ポイントだ。 重要なポイントはクローン人間両世宗(セジョン)の役割だ。 反転で私がクローン人間であることもある”として愉快な話し方を広げて笑いをかもし出した。

出演陣と製作スタッフによれば‘デュアル’は延期(煙、演技)、演出、展開まで3拍子がまんべんなく備えたドラマというもの。 ‘デュアル’が韓国ドラマ最初にクローン人間を扱っただけ彼に合う成果を得られるか注目が集められる。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 01.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/33048-1bdddec1

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR