映像美+硬い叙事、これがKBSチケット史劇

0000739956_001_20170601070526830.jpg
やはり史劇名家KBSだ。

31日初放送されたKBS新しい水木ドラマ'7日の王妃'が美しい映像美と硬い叙事で深い印象を残した。

この日放送は刑場に立った端境王侯シンさん(パク・ミニョンの方)の姿で始まった。 チュンジョン(煙雨陣)と切ない抱擁を分けて"あなたを殺していなければならなかった"として刃物をねらうシンさんの姿と、"生まれ変わればあなたに会いません"という彼のナレーションは二人の間の悲劇的な愛の物語を予測させた。

そんなに過去に戻って、延山郡(ヨンサングン)(イユング/イ・ドンゴン)時代幼い真声帯軍(郡)(二役/ペク・スンファン)と神采頃(パク・シウン)の姿が描かれた。 幼い二人は宮で、また、田舎で各自家族の愛を受けられないまま自由奔放に大きくなっていた。

家族に会いたかった神采頃は男装を一戸こっそりと漢陽(ハニャン)にきたし、祈雨祭を過ごして兄演算にひどい目にあった真声帯軍(郡)は友達らと共に外に出てきた。 事実演算は真声帯軍(郡)を婚姻させろという官僚の話に情けないいといった。 幼いものとばかり思った真声帯軍(郡)が王位に上がる程成長したこと。

演算は都承旨の娘神采頃に真声帯軍(郡)を妻をめとらせようとした。 二人の縁談につながっているとのことを夢にも分からないまま神采頃と二役は悪縁を継続した。 神采頃は女性の入浴する姿をのぞき見する二役をこらしめたし、二役は神采頃が持ちたい物を代わりに購入する方法で復讐した。

その渦中に二役が自身の重要な書類を盗んだと誤解した神采頃は一日中二役を探しに出たし、昼間に二役が乗っていた馬に乗った延山郡(ヨンサングン)を二役で勘違いして追った。

そんなに悲劇的な三角関係の主人公である三人の叙事が完成された。 結末はすでに予告されたが、興味深い展開は今後の話を期待するようにした。 王位と愛を囲んだ延山郡(ヨンサングン)と真声帯軍(郡)の戦いとその間のチェギョンの話がときめきと悲しみ、そして緊張感をプレゼントして興味深く続くことが1回から予告されたこと。

ここに対して王の服から大軍の服、女性の韓服、そして少年の韓服まで多様な色感とデザインの韓服はドラマを見る面白みを増した。 数多くの史劇を製作してノウハウが積もっているのに可能なKBSぶりの史劇演出も画面で目を離すことができなくさせた。

'7日の王妃'は初放送からなぜKBSチケット史劇が名品なのかを実感するようにした。今後歴史的事実に想像力を加えて繰り広げられるこれらの話に成り行きが注目される。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 01.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/33046-66529155

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR