'人生飲み屋'ソ・ジヘxシン・ソユル、我々が知らなかった#家族史#反戦魅力



'人生飲み屋'ソジへとシン・ソユルは率直だった。 

25日午後放送されたケーブルチャンネルtvNのバラエティ番組'人生飲み屋'にはソジへとシン・ソユルが出演した。 理想型と恋愛に対する話から家族、痛みに対することまで隠さず打ち明けた。 涙まで見せながら、家族に対する本音を伝えたりもした。 

同日、ソジへは大ざっぱな反転の魅力で注目を集めた。 高慢なイメージと違って、酒に対する格別な愛情を見せ、気さくで率直に話を切り出した。 また、シン・ソユルとともに恋愛に対する話もして注目を集めた。 

ソ・ジヘは'きれいなのに出ない芸能人'という修飾語について"一般の友達とのダントクバンがある。 最近に1年半を休まずに仕事をしてリアルタイムの検索ランキングが表示され、それではとても好きだ。 ところで書き込みに'きれいなのに出なかった'は、書き込みがあるから、'一体どれだけ流行すれば一つ。 もうやめてほしい'という言葉を言っていた"と率直な心境を打ち明けた。 

続き、"友達たちが、かえってもっと神経をたくさん使ってるようだ。 私も率直に満足している。 むしろ長く長い間私が好きな仕事をしたいのに、一体この基準が何やらわからない"と言い、自分の所信を明らかにした。 

家族と関連された痛みも取り出した。 ソジへは"大学登録金を提供することには正直に言って負担になった。 早くお金を儲けなければならないと考えた。 そのような状況で、実業系高校に進学し、偶然高等学校2年生のとき、街頭キャスティングが流行もした。 その時は芸能界に対する関心もなく、全く知らなかった。 好奇心にしてみようかと言う状況だった。 そして、雑誌モデルから開始した。 その年代に1500万ウォン程度を稼いだ。 1年間してお金を稼ぎ、その時以降に小遣いをもらってみたことがなく、本当に一生懸命した"と言葉を切り出した。 

続き、"母が密かに集めておいた金について話を取り出している。 父に貸すことができるだろうかと自慢してたよ。 長女だからには早く大人になってお金を儲けなければならないと考えていた。 
'私がいつまで家族をケアしなければならないのか?'という考えが時もある。 でも歳を取るにつれて'味方は家族だ'という考えもした。 この話をハミョソ涙を流すこと自体が両親に申し訳ない"とし、切ない心情を吐露した。 

シン・ソユルさすが演技者となり、父と絶縁することになった理由を公開し、注目を集めた。 シン・ソユルは"演技をしたくて高等学校自主退学した。 普通よく許諾をしなくてくださったが、信じてくれた。 ところが、二度の所属会社を誤って選択し、訴訟が長期化された。 大変に購入した住宅が戦況となって、家賃になった。 ところで父がとてもサランクンだ。 '君が何で私の妻を働かせか'と自慢してたよ。 5年間絶縁をした。 お前生意気をゆするな。 君よりも母がもっと大切と自慢してたよ"と打ち明けた。 

シン・ソユルは"その時はまた、幼くして反抗した。 父と話を5年間、話をしないから母が中間で不便だったのだ。 その後で母が幸せなら父と仲直りができると思った。 お金一銭も使わなくて、お母さん、父の家買うことだけにオールインした。 私がお母さんによくすることを見せたら父が許してくれた。 お母さんに幕下は姿が嫌ウショッドンようだ。 それでその真の教育を7年間したようだ"とし、ありがたい心を低下機もした。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 26.2017   0 comments   0 trackback
Category :バラエティ

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/32956-5e922aef

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR