クォン・ユル、'耳打ち'放映終了所感"おこし(カンジョン)である、私に激しい作った"

0002616892_001_20170524073715492.jpg
俳優クォン・ユルがSBS月火ドラマ'耳打ち'放映終了所感を伝えた。

クォン・ユルは24日所属会社の人エンターテインメントを通じて"'耳打ち'最後の撮影が終わった。 今はすがすがしいが明日からはさびしくて物足りなさがたくさん残るようだ"と明らかにした。

引き続き"江亭日は私に激しさを作ったキャラクターであった。 たとえ愛のために悲劇を始めたが家族と自身の人生を守るために孤軍奮闘した。 生まれから法費である人が自身が法費と知らずに自分のことを守ろうとする激しい過程が誠実な悪になる構造が興味深かった"として"耐えられるのが難しい人生だったが劇中だけは視聴者の方がおこし(カンジョン)であるそれ自体で見られるように願った"と話した。

また"その間'耳打ち'と江亭日を愛してくださって感謝する。 おかげでエネルギーあふれるように最善を尽くして江亭日を延期したようだ"として"現場で一緒に苦労した先後輩同僚俳優方々、監督様、作家様、スタッフ方々に全部感謝申し上げる。 今のエネルギーを動力みなして次にまた、良い作品で違う姿でごあいさつする"と最後挨拶をした。

クォン・ユルは劇序盤冷徹な判断力と冷たいカリスマを持っている江亭日を物静かな目つきと物静かなボイスなど節制されたトンで表現して理由ある悪役で圧倒的な存在感を誇った。

一方、クォン・ユルはイ・ジュンイク監督の映画‘パクヨル’で来る6月末活動を継続する。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 24.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/32926-12e6ad56

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR