‘サークル’、ある瞬間でも油断すればのがす‘反転の連続’

A201705240017_1_20170524073921668.jpg
‘サークル:続いた二つの世界’が引き続いた反転と吹き荒れる圧倒的没入感で時間強奪ブラックホール ドラマに登板した。

23日放送されたtvN月火ドラマ‘サークル:続いた二つの世界’(以下サークル) 2回で反転に反転を繰り返す緊迫感あふれる展開が続いた。 1回が衝撃的なオープニングから反転エンディングまで緻密な展開の中に興味深いトクパプを投げたとすれば、2回はそれこそ予想を跳び越える反転が続いた。

‘パート1:ベータ プロジェクト’は10年前エイリアンと似ていた限定研(コン・スンヨンの方)の登場でキム・ウジン(ヨ・ジングの方),キム・ボム菌(アン・ウヨンの方)双子兄弟は衝撃を受けた。 “エイリアンで、パパでそのままちょっと他の人々のように生きよう”というウジンの切なる引き止めにもボム菌はエイリアンに対する追跡意志を燃やした。 衝撃がまだ行く前にウジンは授業時間に整然と再会する。同じ組になったウジンは疑いを抱いて彼女の停滞(正体)を確認しようと周囲をぐるぐる回った。 10年前エイリアンは自動車事故でウジンを救って首に傷を負ったため。 ボム菌の主張と違い整然の首は傷一つなくきれいだった。 整然の停滞(正体)に対する疑問が解けようとしていた刹那、便りが切れたボム菌の跡を追ったウジンは彼の部屋に設置されたカメラでひっそりと潜入した整然を見ることになった。 ある夜中に整然を訪ねて行ったウジンが“君本当に限定研合う? 君何なの? 誰なの?”として停滞(正体)を再び疑い始めて緊張感は最高潮に達した。

‘パート2:素敵な新世界’はスマート地区最初の殺人事件解決のために各自の内心を隠して協調するキム・ジュンヒョク(キム・ガンウの方)と二号数(利器狂の方)の真実追跡が展開した。 過去誘拐事件の被害者であったキム・ミン地価誘拐犯だったコン・ミンウをはじめとして二番目殺人を行って事件は手のほどこしようもなく大きくなって、スマート地区を建設したヒューマン費は事件を隠すために工作を日常行ったがキム・ジュンヒョクはじわじわ事件の証拠を収集して真実に向かって近付いた。

2017年‘パート1’と2037年‘パート2’を行き来して反転を繰り返す話はコシが強い緊張感をプレゼントした。 10年前エイリアンと同じような外見な限定研が平凡な大学生と明らかになるようだったが、キム・ボム菌部屋に潜入した事実が公開されて停滞(正体)は再び迷宮の中に陥った。 “エイリアン秘密基地を探した。 犯人はブルーバード”という話を残したキム・ボム菌の失踪がどんな蝶々効果を呼び起こすかも関心事. キム・ボム菌が犯人だと目星をつけたブルーバードはスマート地区システムをハッキングしたという天才(天災)ハッカーブルーバードでパート2でも持続的に言及されて連結の輪を草パズルで好奇心を刺激している。

また、二号数と対立点をたててスマート地球のアンジョンケオシステムを不信に思った一般地区刑事キム・ジュンヒョクの首の後に公民友情死体と同じ‘アンジョンケオチップ’を移植(利殖)した跡が発見された場面はそれこそ歴代級衝撃反転だった。 ここにスマート地区システムを構築したヒューマン費会長がキム・ウジン、キム・ボム菌兄弟の写真を有している場面はミステリーを増幅させて担いだぶうっとに追い詰めた。 誰一つ信じることができなくて、どんな反転が繰り広げられるかも知れない状況で視聴者たちの没入感はより一層高まっている。 キム・ジュンヒョクがキム・ウジン、キム・ボム菌中誰なのか、スマート地球に潜入した目的は何か各種推測が乱舞して熱い話題を呼び起こしている。

目を離すことはできない緻密な展開と多様な端緒が繰り返し登場する状況で没入感を高める重たい延期(煙、演技)は‘サークル’を時間強奪ブラックホール ドラマで作った原動力だ。 ヨ・ジングはエイリアンに執着する兄と現実を手にあまるとしながらも結局真実に向かって進むキム・ウジンの複雑な感情を深い目つきと延期(煙、演技)で表現して説得力を付与している。 ある庸愚(ソン・ヨンギュの方)教授に“癌細胞のような記憶ならば除去するのが合理的”と話す姿でパート2のスマート地区‘アンジョンケオシステム’を思い出させて視聴者たちの気がかりなことを増幅させることも。 キム・ウジンと激しく感情の花火を作り出すアン・ウヨンも緊張感を引いて吸入力を高めた。 ずうずうしくいたずららしい面目(容貌)と同時に執拗に真実を追跡する刑事のカリスマを発散するキム・ガンウの延期(煙、演技)はキム・ジュンヒョクが隠した秘密と内心が何かより一層気になるようにさせる。 劇の秘密らしいということをより一層高めさせるコン・スンヨン、キム・ガンウとの反転プロメンス セーミとともに劇の緊張感を一層引き上げる利器狂まで隙間ない延期(煙、演技)が繰り広げられている。

放送に接したインターネットユーザーは“こんなにまで予測不可能なドラマは初めてだ。 誰も信じることはできない”、“コン・スンヨンはエイリアンは違うの?”、“ヨ・ジング延期(煙、演技)がジャンルだ”、“ヨ・ジング延期(煙、演技)のために泣くところだった”、“キム・ガンウが毎度反転を船会社(善事、プレゼント)! いったい誰?”、“利器狂の延期(煙、演技)も印象的”、“いったい真実が何だろう?”、“狂ったように気になる”、“ヒューマン費会長はまた、何だろう?”等の好評と関心を継続している。

放送末公開された予告篇で閑談対で広がる自殺事件の真実を追うキム・ウジンと限定研の姿が公開されて、‘アンジョンケオチップ’と記憶の関連性調査に着手したキム・ジュンヒョクの姿が展開してこれらが真実を正せるかどうかに関心が高まっている。

一方、‘サークル’は2017年と2037年二時台の大韓民国を背景にするSF追跡劇. 2回視聴率はケーブル、衛星、IPTV統合家具視聴率2.3%、最高2.6%を記録、2回連続2%台を突破して巡航中だ。 プログラムの主なターゲットである2049男女視聴層でも平均2.1%最高2.4%を記録してtvNの斬新な挑戦に熱い好評を継続した。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 24.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/32922-6ee032b5

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR