クォン・ユルの再発見…そんなに悪人は生き残る。

0000736744_001_20170524070029980.jpg
クォン・ユルが人生延期(煙、演技)で'耳打ち' 17回の緊張感を維持した。

23日放送されたSBS月火ドラマ'耳打ち'は新永住(イ・ボヨンの方)がお父さんシンチャン号(カン・シニル)に殺人罪をひっくり返してかぶせて、結局監獄で死ぬようにさせたおこし(カンジョン)である(クォン・ユル),チェ・スヨン(パク・セヨン),チェ・イルファン(キム・ガプス)等の法費を懲らしめてクチナッタ.

'耳打ち'には作家パク・ギョンスの前作のように多様な悪人が存在する。 そしてその悪人は全部力と権力、お金を持った者だ。 持った者は持ったもので飽き足りなくてもっと大きいのをカジリョハで、その過程で他の人の人生を軽く見られる。

特に江亭日は最後まで新永住とイ・ドンジュン(イ・サンユン)を固く締めつけて悪役終わり版王の役割をした。 初めには国内最大ローファーム太白(テベク)を持つために、後ほどにはお父さんカン・ユテク(キモンパ)の複数のために、自身の目標のためには手段と方法を分けない彼の姿は劇のモール入道を高めた。

望む目標と複数の対象が変わるその過程をクォン・ユルは繊細な延期(煙、演技)で説得力あるように解きほぐした。 それで江亭日は悪人にもかかわらず多くの視聴者たちの支持も受けた。

江亭日は最終回まで自身の殺人罪を脱いでみようとあがいた。監房に行っても再び出て行く日だけ待って運動を怠らなかった。複数に向かった彼の意志は悪いが理解ができないことではなかった。

最終回江亭日の姿は'耳打ち'初回に出てきた"悪は誠実だ"というチェ・イルファンの大使を思い出させた。パク・ギョンス作家は江亭日を通じて私たちの社会で相変らず権力を維持している誠実で、勤勉で、緻密な'悪'の存在を再演やり遂げた。

'戦うとすぐにおばけ'の主すい星ですでに一度悪役延期(煙、演技)の好評を受けたクォン・ユルは今回の'耳打ち'を通じてアップグレードされた悪役延期(煙、演技)という(のは)何か見せた。 毎作品ごとに新しい姿を見せるクォン・ユルにはいつも'再発見'という修飾語が付いて回る。 その修飾語は俳優クォン・ユルの次の作品がすでに期待するようにする理由だ。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 24.2017   0 comments   0 trackback
Category :俳優

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/32919-1220c176

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR