'耳打ち'イ・ボヨン・李サンユン、ボプビ報復成功'痛快なハッピーエンド'[総合]



'耳打ち'イ・ボヨンと李相允(イ・サンユン)が'ボプビ'を痛快に報復し、完全なハッピーエンドを迎えた。

23日に放送されたSBS月火ドラマ'耳打ち'最終回ではシンヨンジュ(イボヨン分)と李ドンジュン(李相允(イ・サンユン)分)がボプビ(法を悪用した盗賊、権力無理)を痛快に報復し、愛もなす姿が描かれた。

、太白(テベク)代表という位置を利用、自らを犠牲にして太白(テベク)を崩壊させしようとした李ドンジュン。結局、彼は請負裁判の疑いでシンヨンジュの手によって逮捕された。

カンチョンイル(クォン・ユル分)は、捜査の隙を狙って釣り場殺人に対する容疑を否認した。 金正日は殺人容疑を否認して死体損壊罪を主張した。

ヨンジュとあってトンジュニ意外の状況に困惑したが、まもなく、金正日がベクサンク(金レハの方)に殺人を教唆した容疑で強く働きかけた。 結局、金正日はベクサンクにあってトンジュニを殺害するよう指示した疑いで法の審判を受けることになった。

、金正日を厳罰して、ドンジュンが逮捕され、ボプビの温床である太白は崩壊の加速度を増していった。

チェイルフヮン(キム・カプス分)の判決文の操作に対する裁判を皮切りに、ドンジュンをはじめとする関連者たちの裁判が進行された。 虚偽の供述が横行し、お互いがお互いに責任を越すのが忙しかった。 しかし、ドンジュンの執拗な捜査で一環とチェスヨン(パク・セヨン分)の犯罪は徐々に水面上に現れた。

結局、金正日、一環、スヨンは、最低懲役7年から最大の無期懲役の判決を受けた。 ドンジュンも懲役10年を求刑された。 ドンジュンは"私は判事だったが、判事らしくなく生きた。 一生を記者らしく生きてきた記者を侮辱した。 その見返りに安楽な人生を生きようとした。 弁解しない。 私を重く罰してほしい"と淡々と最終陳述した。

しかし、黙っていを領主がなかった。 警察があってトンジュニの犠牲を隠して自分たちの功労で包装しようとすると、領主は、太白の捜査があるのはドンジュンの献身的な犠牲があったことをマスコミに知らせた。 結局、ドンジュンは懲役4年に弁護士資格停止で最終判決を受けた。

これで領主の腐った権力に対する全ての審判は終わった。 父シンチャンホ(カンシンイル分)の国家賠償金まで正正堂堂と受けた栄州は、警察職を辞めて弁護士への新しい人生を生きた。 そしていつのまにか時間が流れてドンジュンの出所日になり、二人は4年ぶりにまた会った。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 24.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/32918-bd566979

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR