'君主'ユ・スンホ、魔性の熱演…"世子役100%表現"




'君主'ユ・スンホ、魔性の熱演…"世子役100%表現"

MBC水木ドラマ'君主-仮面の主人'ユ・スンホが代替不可魔性の熱演で人生のキャラクターを越えた。

のユ・スンホは2週連続樹木1位の王座をスソンハたMBC水木ミニシリーズ'君主-仮面の主人'(脚本パク・ヘジン、チョンヘリ/演出ノドチョル、パクウォングク/以下'君主')で、苦痛を受けている民を救うために朝鮮最高の舞台裏の勢力である編修会と立ち向かって戦う世子の役を演じた。 編修会を知った後、不合理が強くなっている朝鮮を変えて真の君主となるため、悲壮に決断を下す世子の姿を完璧に消化し、視聴者たちを熱狂させている。

これと関連のユ・スンホは最高権力である王権を持ったにもかかわらず、理由を知らないまま仮面をかぶって暮らさなければならなかった哀れな運命を持つ、世子キャラクターをグクカンの演技力で描いて、賛辞を受けている。 民を向けた強力な責任感から始まった強烈なカリスマ性から自分の運命についた苦痛と悲しみ、朝鮮を牛耳る編修会に対する怒り、天真爛漫な純粋さと図々しさ、愛する女性に対する切なさなど多彩な魅力を噴出している。ユ・スンホがまるであつらえ服を着ているように複雑な感情を自由自在に描き出し、独歩的な世子キャラクターを完成しているわけだ。

何よりのユ・スンホは柔らかくて強靭な、正義の君主とも言える性格を備えた世子の面貌を内攻深い演技で披露している。 編修会という組織が分かった後、編修会と取引を通じて自分の命を救ったという王に強い一撃を放つ加えると、編修会内容(ホ・ジュンホ)に自分の足を訪れ、堂々と挑戦状を投げるなど、カリスマを爆発させたはず。民に水を再び訪れなければならないのは朝鮮の世子、朝鮮の王になる者がしなければならないこととし、一言一言、自分の天命について明らかにする姿は威厳あふれる君主の姿そのものだった。

特にユ・スンホは自分によって周りの人たちが死を迎えることになると、苦痛になり、涙と嗚咽に感情を放ち、出した。 楊秀清が自分の命に対する代価だという事実を知った時、便数会議の脅迫で王がソユンハンギュホ(チョンノミン)を殺害するよう命を下した時は狂気なのか怒りなのか分からない叫びを流し、世子の感情状態をそのまま表現した。 さらに、自分に代わって青雲(シン・ヒョンス)がソユンを殺害するのを目の前で目撃した後にはハンカウン(キム・・ソヒョン)家の前でひざまずいて謝罪しながら、とめどなく涙を流す姿でお茶の間劇場を感動を与えた。

その一方で、ユ・スンホは、仮面を脱いで宮殿の外に出て世の中を初めて顔を合わせることになった、純真無垢で茶目っ気こもった世子の姿と愛する女性を向けたロマンチックな姿まで加減なく描き出している。 自分をじっと見つめるハンカウンに自分がハンサムだったのかと尋ねたり、婚約者がいるかとシムクン質問を投げて、ハンカウンを続けざまに慰めて保護するなど優しくて暖かい面貌を現わしたのだ。ハンカウンにとって、鶏一匹を記録とし、そ知らぬふりをして、自分をせめた青雲を愛嬌に説得させるなどのユ・スンホは世子のさまざま魔力を多様に変化させて描いている。

の制作陣は"ユ・スンホは、仮面をつけて生きてきたのという、複雑な感情を持った、難しいしかない世子キャラクターを100%表現している"、"世子キャラクターに向かって爆発的な愛情と努力を傾けながら最善を尽くすユ・スンホの全心全力が光を放っている。 これからのユ・スンホが正義の君主に生まれ変わる姿をどう描いて出すか見守ってもらいたい"と明らかにした。

'君主-仮面の主人'9、10回分は24日(水)夜10時に放送される。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 22.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/32896-fc9490a7

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR