‘トンネル’チェ・ジンヒョク“限界に至って苦しかった、成長痛体験したドラマ”放映終了所感

0000566259_001_20170522080628419.jpg
‘トンネル’チェ・ジンヒョクが放映終了所感を伝えた。

OCN ‘トンネル’が21日放送を最後に放映終了した中でチェ・ジンヒョクは所属会社チトゥリクリエイティブを通じて放映終了記念映像を公開した。 チェ・ジンヒョクは“‘トンネル’は久しぶりにごあいさつする作品であったし、成長痛をたくさん体験してより一層意味が深いドラマであった”として“延期(煙、演技)をしながら力量と限界に至って苦しい瞬間が多かったが、そのような部分を勝ち抜けるように多くの愛してくださって本当に感謝した”と明らかにした。

“一人ではできない部分が多かったが良い先後輩様とスタッフに会ってたくさん頼った”という彼は“ドラマを豊かにさせてくださって感謝申し上げて、さらによく取りまとめるべきだったのにそう出来なくて申し訳ない”として‘トンネル’中同僚を追憶した。 最後に“次の回により良い作品でごあいさつできるように熱心にする”として“次期作でごあいさつする時まで‘トンネル’の余韻がたくさん残ったら良いだろう”と所感を終えた。

進んで21日‘トンネル’最後の放送を控えて進行されたV LIVE生放送でチェ・ジンヒョクは‘トンネル’中最も思い出す名場面で‘ヨンスクとの再会神(靴)’を挙げて“鳥肌が立って万感が交差する場面であったし、感情をよく捉えて一度に撮影が終わった”と伝えることもした。

劇中“練熟”を叫んだ回数を視聴者たちと当ててみるゲームをしながら‘128番’という結果に驚くことも。 チェ・ジンヒョクは’88パク・グァンホ’ ‘好材料カップル’ ‘モク・ジンウ’等をドラマ核心キーワードに選んで、説明を継続して‘トンネル’の鐘方を惜しんだ。

一方チェ・ジンヒョクは当分休息を取って次期作を検討する予定だ。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 22.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/32892-222ec59e

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR