クエスチョンマークを感嘆符で…'トンネル'の本当に反転

984388.jpg
笑ってさようなら。

ケーブルチャネルOCN土日ドラマ'トンネル'(脚本イ・ウンミ演出シン・ヨンフィ)が21日夜16部を最後に大詰めの幕を下ろした。 悪人モク・ジンウ(キム・ミンさん)の破滅、パク・グァンホ(チェ・ジンヒョク)と88年生まれパク・グァンホ(円)の縁、妻練熟(イ・シア)と再会などが最終回に全部描かれた。

モク・ジンウは社会悪を除去するという使命感を有していた。 アキレス腱は'ママ'がでない'自身'だった。 あがくモク・ジンウに向かった"断罪しなければならない人は君だ。 一生量刑甘受しろ"というパク・グァンホの最後一喝だった。

30年の間続いた連続殺人事件を最後まで追って終結させたグァンホと洗剤に被害者家族は"忘れなくてありがとう"とした。 シンジェ(イ・ユヨン)は"刑事は人を求める職業"といっていたお父さんパク・グァンホの言葉の意味を再確認した。

パク・グァンホは娘測り、キム・ソンジェ、全盛式(チョ・ヒボン)等と涙を流し別れてはトンネルを通じて過去に戻った。 そちらにはソンシクと88年生まれグァンホ、そして練熟と連呼(イ・ユヨン),洗剤があった。
984387.jpg
이미지 원본보기
'トンネル'とは'人間が見える捜査劇'だ。タイムスリップで興味をかきたてて、こまかい構成の間ユーモアとヒューマニズムを挟んで入れてジャンル物として'トンネル'だけの色を構築した。

頭でない気持ちで、システムでない人間味に入り打ち込むパク・グァンホの活躍に視聴者は16部ずっと痛快だったし、悪人らと強力チーム助演軍団に達する俳優の熱演はドラマを見る味を加えた。

先立って'38四機動隊' 'ボイス'などが残した高い成績が負担として作用したが、'トンネル'は14回に'魔の6%'を突破してOCN歴代最高視聴率を更新する記録を残した。 女性視聴者流入が高かった点も異例的だった。

作家のよどみない筆力と重たいメッセージは感性的な演出と、俳優の熱演を乗って視聴者の胸が深々と届いた。 すべての構成がよく調整されていた理由に当初期待作に選ばれなかったが'歴代級ジャンル物'という(のは)成果を残すことができた。 'トンネル'はさまざまな面で反転がいっぱいであるドラマであった。

一方'トンネル'後続では俳優チョン・ジェヨン、キム・ジョンウン、両世宗(セジョン)主演の'デュアル'が6月3日夜10時初放送される。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 22.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/32890-7b4398b7

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR