2PM チャンソン、新ドラマ「7日の王妃」撮影現場の写真を公開…カリスマ性溢れる眼差しに“視線集中”



2PMのメンバー チャンソンが「7日の王妃」で初めての時代劇にチャレンジする。

本日 (16日)、KBS 2TV新水木ドラマ「7日の王妃」(脚本:チェ・ジニョン、演出:イ・ジョンソブ) はチャンソンの撮影現場写真を公開した。

「7日の王妃」の期待感を高める様々な要因の一つは、特別な出演陣のラインナップだ。その中には「7日の王妃」を通じて、演技者としての成長を予告したチャンソンも欠かせない。多数の作品を通じて演技者としての立地を固めてきたチャンソンであるだけに、彼が初めての時代劇「7日の王妃」でどんな姿を見せるのか、作品とどんな相乗効果を発揮するかに関心が集まっている。

公開された写真で、チャンソンは武士の服を着た姿で船に乗っている。身分を隠そうとしているのか、黒い冠とラフなひげなどが、チャンソンが見せてくれる男らしい姿に対する期待を高める。さらに冠の中で強烈に輝く目も見る人々の視線を捉える。同時に彼が「7日の王妃」を通じて伝える物語に対する好奇心を沸き立たせる。

チャンソンは「7日の王妃」で、チンソン大君イ・ヨク(ヨン・ウジン) の親友ソノ役を務める。ソノは子供時代、チンソン大君の助けで命を救った後、誰よりも長く、そして心深く彼を信頼し、支持する人物だ。男たちの友情と信頼、ヨン・ウジンとのブロマンス(男同士の友情) を披露しながら視聴者の心を虜にすると見られる。

チャンソンはすでにトップレベルの歌手として大きく愛されている。それだけでなく様々なドラマや映画を通じて演技者としても意味のある歩みを続けている。そんなチャンソンにとって「7日の王妃」は初めての時代劇であり、演技的変身の羽を広げる立派な飛び石になると見られる。

これに関連し「7日の王妃」の制作陣は「チャンソンは初めての時代劇出演だと信じられないくらい、初撮影から完璧に劇に溶け込んだ。徹底したキャラクター分析と努力に起因したものと見られる。制作陣もチャンソンが『7日の王妃』を通じてどんな変身をするか、どんな成長を見せてくれるかを期待しながら待っている。多くの関心と愛情をお願いする」と伝えた。

「7日の王妃」はたった7日間、朝鮮の歴史上最も短い時間の間王妃の座に上り、結局廃妃になった悲運の女性である端敬(タンギョン) 王后シン氏をめぐる、中宗(チュンジョン) と燕山君(ヨンサングン) のラブストーリーを描いたロマンス時代劇だ。「推理の女王」の後番組として韓国で31日に第1話が放送される。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 16.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/32812-ce070e25

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR