"本当にマルチプレイヤー"、ク・ヘソン、俳優→監督→児童美術指導者



それこそ真の'マルチプレーヤー'だ。 どの分野に持ってきても何でもうまくやる人だ.

にク・ヘソンは、どれ一つで呼称を整理するのが容易ではない。 女優や作家、歌手、映画監督、作曲家だ。 俳優にデビューし、アルバムを発売したりして映画を演出したこともあり、これは、児童美術指導者にまでなった。 言葉そのまま'多才多能'する。

生きていて一つができるのが簡単でないのに、ク・ヘソンは、絶えず新たな分野に挑戦し、自分の人生を充実にやりくりはついている。

事実にク・ヘソンのこのような行動に大衆の偏見はあった。 一つだけしっかりしろという反応だった。 しかし、ク・ヘソンは大衆の偏見を受け入れた。 先立って、インタビューで、ク・ヘソンは"偏見と戦うことはないんです。 ありのままにも大丈夫です。 なければひどく衰弱したのです。 否定的な面から来る肯定の力があるようです。 偏見をあえて勝ちたいません"と語ったことがある。

そうク・ヘソンは偏見のために放棄せず、これを受け入れて、挑戦を怠らなかった。 そうした点においては拍手を受けるに値する。 2004年のシチュエーション・コメディー'ノンストップ5'で俳優にデビューしたク・ヘソンは、その後'薯童謡'、'十九の純情'、'花より男子'などに出演、演技力議論に巻き込まれたりもしたが、最近MBC週末ドラマ'あなたは酷すぎます'を通じて、煙の好評を受けることもした。

俳優活動のほかにもク・ヘソンは、自分が演出した映画を披露したりもした。 '愉快なコンパニオン'、'手品'、'あなた'、'桃の木'、'記憶のかけら'、'ダウド'でうまずたゆまず監督としての力量を示している。

以外にも直接作詞、作曲した歌を発表したのはもちろん、演奏曲を作曲して披露したりもした。 この前にはtvN'新婚日記'を通じて作曲したニューエイジ音楽'冬日記(Winter Story)'を発表したこともある。

これではなく、ク・ヘソンは、多様な分野で創意的な活動をすることと同時に、周辺を観察するのも、引き続き関心を持って助けを与えている。 この前にはアレルギー性ショックで闘病中の状況でも稀貴難治性疾患小児患者のために寄付したり、昨年5月には結婚式費用を結婚式に使う代わりに小児ガン患者たちのための寄付を選んで拍手を受けた。

そして16日には自らのインスタグラムに"数日前、児童美術指導者資格証を取りました。 それで家に一緒に住む子ども(夫)と作業を一緒にすることになりました"という文を掲載した。 俳優、歌手、作家、映画監督に児童美術指導者という新しい職業を追加した。

挑戦を怠慢しないで自分の人生を意味のあるように経営しているク・ヘソン。本当に学ぶことが多いスターだ。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 16.2017   0 comments   0 trackback
Category :俳優

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/32805-db7dbf85

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR