防弾少年団“去る4年、以前20年思い出せないほどスペクタクル”

984418.jpg
7人組グループ防弾少年団(レムモンスト、シュガー、第二ホップ、政局、ジン、プィ、ジミン)の2017年はその誰よりきらびやかだ。 彼らはぴったり彼ら年齢である20代始めの感性で10台から20台に達する‘青春’らの心を根こそぎ奪い取った。 彼らに心を奪われたこれらはあえて国内に限定されない。 全世界で彼らの声下や、身振り一つに熱狂するファンたちは今この時間にも1分何人の割合に増加しているだろう。 ‘青春’を歌う彼らの青春が今最も光る時期だ。

‘スポーツ傾向’は創刊12周年をむかえて現在のデビュー二番目ワールドツアーコンサート <윙스 투어 /> エ真っ最中であるグループ防弾少年団をインタビュアーで選んだ。 昨年年末発売された <윙스 /> きてくる超発売された <윙스 외전 /> ウル通じて防弾少年団は音楽性とスター性そして音楽中に自我を入れる静かでわびしいアーティストに成長した。 彼らの世界的な影響力やはりアメリカ ビルボード チャート進入とアイチューンズ世界各国の順位、ツアーコンサートの観客水路証明される。 彼らはまた、アメリカ ビルボード授賞式入城も準備している。 今ツアーに真っ最中である防弾少年団は‘スポーツ傾向’との単独インタビューで彼らの現在と過去、未来を中深い言語で表現した。 まだ若い‘スポーツ傾向’の新鮮だ、防弾少年団の他にどんなチームで代替されるだろうか。

이미지 원본보기
グループ防弾少年団.写真Big Hitエンターテインメント


-会えてうれしい。 今 <윙스 투어 /> 半分程度の日程が過ぎた。 所感と感じは?

レムモンスト:“すでに…! からだは大変だが心は楽しいです。 全世界ファンたちの叫び声を聞くたびに到底話せない喜びを感じます。 このような感情を感じさせてくださって感謝申し上げて、残ったツアー期間私もメンバーもみな元気だったらと思います。”

政局:“ツアーをしながら多くの割った方々と目を合わせるが、公演をすればするほどより一層‘割った方々と一つになれるように本当にたくさん努力しなければならないね’と感じます。 もちろん面白味は初めてでも今も変わりません。 さらに発展した姿見せて差し上げるように実力もさらに育てなければならないようです。”

-今回が二番目ツアーだ。 少しは余裕ができたようだが、新しく知るようになったワールドツアーの面白味は?

シュガー:“公演会場が大きくなって観客の数も多くなって公演の流れをしばしば考えるが、この流れを訪ねて行くのが本当におもしろいです。”

ジミン:“初めてのツアーは本当に我を忘れて過ぎたようで物足りなさが多かったです。 だが、今回は言葉どおり‘コンサートがおもしろい’というかける感じています。”

-初めてのツアーより大幅増えた日程だ。 各国別にの雰囲気と感じも違うようだ。

ジン:“歌を静かに聞き入れる方たちもいて、共に付いて歌って下さる方たちもいます。 すべての国の観客方々が私どもの音楽と舞台が好きで楽しんで下さるという点は全く同じです。”

第二ホップ:“北米と南米割った方々はどうしても私どもがしばしば訪ねることができない所にいらっしゃっただけ本当に大きく反応してください。 歌も付いて歌って、踊りも一緒に踊るのにこのような開くのおかげでかえって公演する私どもがエネルギーをさらに受けるようです。 今は東南アジアで公演を継続しているがやはり反応が熱いです。”

-ツアーのうちおもしろかったエピソードはなかったか?

第二ホップ:“各国ごとにおいしい現地食べ物を食べる楽しみができて良いです。 ただし食べ物に敏感な友達がいて私だけとてもおいしく食べるようで少し申し訳ありません。”

プィ:“もうすぐできそうです。 メンバーどうしおもしろいエピソードを作ろうと今考え中です。 期待してください!”

- 4年もならない時間の間多くのことを成し遂げた。 その間を短く整理してみるならば?

レムモンスト:“‘本当に熱心に走ったんだな。 かつての20年はよく思い出せないほどスペクタクルおよそ4年だった’という気がします。”

シュガー:“前だけ見て駆け付けた4年でした。 本当に精神が一つもない程熱心に生きました。”

-ファンクラブA.R.M.Yは防弾少年団にどんな意味なのか?

ジン:“私どもの一部分でしょう。 ‘アミ(A.R.M.Y)’があるのに私どもが存在できます。 アミがないならば私どもは何でもないと考えます。”

シュガー:“互いに良い影響をやりとりするようでうれしいです。 割った方々が私どもを見て力を得られるだけに私どもも割った方々を見て力を得ます。 私どもが大変で疲れるたびに良い影響を与えて本当に感謝申し上げます。”

プィ:“私どもが全世界を通って公演ができる理由もアミのためで、私どもの全てのものを皆さんが見るのでさらに熱心にすることになるようです。”
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 16.2017   0 comments   0 trackback
Category :インタビュー

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/32796-097ccece

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR