シーエヌブルーイ・ジョンヒョン、日本映画初出演'東日本大震災素材+韓国人役'



CNBLUE(シーエヌブルー)の李鍾鉉(イ・ジョンヒョン)が日本映画に初出演した感想を伝えた。

15日、日本メディアサンスポによると、来年春公開される映画'生きる街'(生きていく街/榊英雄監督)にシーエヌブルーの李鍾鉉(イ・ジョンヒョン)が出演する。 この映画には歌手兼俳優の夏木マリが10年ぶりに映画の主役(佐藤智恵子駅)を演じて注目を集めた。

イ・ジョンヒョンは映画のキーマンを担当する。 彼は主人公、夫の秘密を明らかにする韓国人都県役を演じる。 イ・ジョンヒョンは"初の日本映画の出演だったが、夏木マリさんが撮影現場で日本語の発音を直してくださった。 たくさん役になった"と感謝の気持ちを伝えた。

ともに、イ・ジョンヒョンは"大きな災害に遭ったことを思えば本当に心が痛いするが、その日を超えて力強く生きている大勢の方々と会ったのは私の大きな財産となった"、"作品を通じて韓国と日本の友情、家族として生きる意味、それを伝える重要性など多くのことを発見した"と明らかにした。

'生きる街'は東日本大震災を素材で作られた映画だ。 2011年3月11日以降、変わってしまった日常。夫は帰ってこないで・千恵子(夏木マリ分)は避難所生活を経て、民宿営業に乗り出すことになる。 消えた夫、災害のトラウマで出産を恐れている娘、地震のために人生で逃げる息子。そんな家族の前に、過去同じ町内に住んでいた都県(イ・ジョンヒョン分)が韓国で訪れ、彼が言った知られていない夫の姿で止まっていた家族の歯車がゆっくりと動き始める。

一方、李鐘鉉(イ・ジョンヒョン)が出演する日本映画'生きている町'は2018年の春には、日本で封切られる予定だ。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 15.2017   0 comments   0 trackback
Category :映画

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/32790-5d52380f

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR