'スーツ君'チ・チャンウク〓ナム・ジヒョン,この悪縁引かれる

984435.jpg
984438.jpg
"私たちは運命であるようで。悪縁"

SBS水木ドラマ'受賞したパートナー'(脚本クォン・キヨン演出パク・ソンホ)の中ノ・ジウク(チ・チャンウク)がウン・ポンヒ(ナム・ジヒョン)にきつい話を吐きだして"私の前に現われるな"とした。 11日放送された3,4回でノ・ジウクは殺人容疑者になったウン・ポンヒを救って検査服を脱いだ。

先立ってウン・ポンヒは前ボーイフレンド チャン・ヒジュン(ファン・チャンソン)を殺した殺人容疑者で指定された。 アリバイは消えてしまったし、ウン・ポンヒは身動きなしで殺人容疑者になってしまった。

この時ウン・ポンヒが信じる人はノ・ジウクだけだった。 ウン・ポンヒは地下鉄でノ・ジウクを変態で誤解して初めて会った。 以後には前ボーイフレンドとの良くない姿を見つけられてしまったし、ノ・ジウクに助けまで得た。

以後ノ・ジウクとウン・ポンヒは地図検査と収拾検査で会った。 悪縁のようだ縁という状況が引き続き繰り広げられた。 ノ・ジウクはボーイフレンドに裏切られたウン・ポンヒに同質感を感じたしウン・ポンヒをそれとなく助けた。 ウン・ポンヒは自身に真心を見せたノ・ジウクを信じて助けを乞うほかはなかった。

しかしノ・ジウクは検査で裁判に立ったし、上層部線の指示によってウン・ポンヒに15年型を求刑した。 だが気になったあげく一事件により背を向けて生きるチ・ウニョク(チェ・テジュン)にウン・ポンヒ弁護をお願いした。 チ・ウニョクがウン・ポンヒ弁護を引き受けた中でノ・ジウクは再び心を変えた。

先立って証拠をもう一つ発見したノ・ジウク. 彼は操作された証拠と確信した。 だが、自身の身辺のために証拠を知らないふりをしようとした。 だが、ノ・ジウクは良心ある検査であり、結局証拠を公開してウン・ポンヒが疑惑を脱げるように助けた。

運命という法した。 続く縁が格別だった。 ノ・ジウクもまた"運命"と称した。 ウン・ポンヒは自身を心より助けたノ・ジウクが好きになることさえした。

だが、ノ・ジウクが話した運命は悪縁を称したことだった。 ノ・ジウクはウン・ポンヒを助けた代価で検査服を脱ぐことになった。 ノ・ジウクはウン・ポンヒに"私たちは運命であるようで。 悪縁. 二度と私の前に現われるな"として大釘を打ち込んだ。

しかしノ・ジウクとウン・ポンヒの悪縁は再び縁になることという確信が入る程引かれる。 それだけ二人のセーミは格別だったし、これらが広げる話はまだ残っている。 ウン・ポンヒを殺人容疑者で作った、チャン・ヒジュンを殺害した本物犯人は誰なのか疑問が解けない中でこの引かれる悪縁がどのように縁になって恋人に発展するのか関心が集められる。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 12.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/32743-d3633c36

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR