"インフィニット忘れてほしい"…エルなく金明洙(キム・ミョンス)、理由ある自信に



インフィニットのエルは俳優のキム・ミョンスに生まれ変わることができるだろうか。

のキム・ミョンスがMBC新スモクグク'君主:仮面の主人(以下の君主)'で初の時代劇の挑戦に乗り出した。 '君主'は朝鮮八道の水を私有して強力な富と権力を得た組織編修会と立ち向かって戦う皇太子の義理な死闘を描いたドラマだ。 金明洙(キム・ミョンス)は、劇中の世子のイソン(ユ・スンホ)の代役となる賎民のイソン役を演じた。

のキム・ミョンスの'君主'キャスティングのニュースが聞こえた時に期待より懸念の声が大きかったのが事実だ。 2010年'勉強の神'を皮切りに、'、黙ってイケメンバンド''母がなんで''主君の太陽''悪賢いドルシンニョ''私にはとても愛らしい彼女'など様々な作品に出演したものの、時代劇は'君主'が初めてだった。 また、いまだに残っている演技ドルと呼ばれるに対する先入観も金明洙(キム・ミョンス)の'君主'出演を疑うように作る理由だった。

しかし、の初回放送以来、視聴者の反応は180度違った。 10日に初放送された'君主'では世子のイソンと賤民のイソンの初の出会いが描かれた。 市場町で水を売っていた賎民離船は世子イソンイ、乾いた子供に水を飲ませよう"早く一銭他、"とお金を要求するできず、争いまで繰り広げた。 この過程で金明洙(キム・ミョンス)の目の演技が光った。 生計を維持するため、どれほど人が切迫して負うことができるのかをディテールな目つきの演技と表現して、劇の没入を高めた。 最も多くの視聴者たちが心配した発声と発音も問題なかった。 移転までの作品とは完全に変わった発声で初の時代劇への挑戦ということを疑わせた。

がすべてのものは金明洙(キム・ミョンス)の血のにじむような努力があってこそ可能なことだった。 所属会社響きエンターテインメントの関係者によると、金明洙(キム・ミョンス)は一日も台本を手で手放さないほど初の時代劇の挑戦に強い熱意を見せた。 時代劇に似合う発声と発音を練習して、撮影スケジュールの中で少しでも暇ができたら演技レッスンを受け、多大な努力を傾けた。 すでに多くのドラマを経験してみましたが、時代劇への挑戦は今回が初めてだっただけに、本人が最も緊張しての情熱を燃やして撮影に臨んだという噂だ。

これに先立って行われた制作発表会で金明洙(キム・ミョンス)は"'君主'を見ている間にはインフィニットのエルということを忘れてくれたらいいな。 俳優のキム・ミョンスとして新しい姿を見せることができるだろう"と自信を見せた。 その自信感が根拠のない者だけがなかったということをまともに見せてくれるか、帰すうが注目される。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 11.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/32733-39f6c2d9

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR