'怪しいパートナー'チ・チャンウク-ナム・ジヒョン、人物関係完ぺき整理'セーミ地獄予告'

984479.jpg
SBS新しい水木ドラマ‘怪しパートナー’(脚本クォン・キヨン、演出パク・ソンホ)俗知 チャンウクとナム・ジヒョンを中心にした人物関係図が公開されて注目を集めている。

‘サイムダン、光の日記’後続で10日から放送される水木ドラマ‘怪しいパートナー’(以下‘スーツ君’)のホームページ内‘PDノート’に劇中ノ・ジウク(チ・チャンウクの方),ウン・ポンヒ(ナム・ジヒョンの方)と関連した人物が簡単明瞭に整理された関係図が紹介された。

まずジウクを中心にお母さんホン・ポクチャ(残ること子の方)と事務室の傍系長(チャン・ヒョクチンの方),そして友達であるチ・ウニョク(チェ・テジュンの方)が位置していてポンヒを中心ではお母さんパク・ヨンスン(ユンボクである方),前ボーイフレンドであるチャン・ヒジュン(賛成の方)と彼と愛情関係であるナ支解(キム・イェウォンの方)が目につく。

特に、ジウクの前恋人だった検査チャ・ユジョン(国の方)がポンヒとかたき同士と表現されて目を引いていてジウクの商社であるチャン・ムヨン(キモンパ方),そしてビョン・ヨンヒ(イ・ドクファの方)また、かたき同士という設定も気がかりなことをかもし出すのに充分だった。

これと共に主人公の面々を紹介するキャラクターカードもまた、共に公開されてより一層注目が集められている。 ‘起訴成功率1位’であるジウクは‘ツンデレ、明晰だ、実力、正義感’メンでは卓越するが‘名誉欲’メンでは最下点数を記録して目を引いた。 ‘非打棒ウン・ポンヒ’というピョンピョンはねる紹介が引き立って見えるポンヒは‘超肯定、テコンドー、カン、力、九彼氏に対する背信’等前部分で極大値を記録して笑いをかもし出している。

‘ジウクとポンヒの烏鵲橋(オジャッキョ)’で紹介されるウニョクは‘ジウクに対する執着’は最高なのに加え‘愛情欠乏、未練、キューピット、チジラム’等をあまねく備えたし‘セクシーで魅力的な検査’と設定された有情は‘なごやだ、ずうずうしさ、堂々としている’は誰もついてくることができない程最高なのに加え‘愛嬌、艶がない’も平均以上の水準を備えたのだ。

これに対しSBSドラマ関係者は“本格的な放送を控えて主人公の関係設定を簡単に理解できるようにさせる人物関係図とキャラクターカードを公開することになった。 これを熟知してドラマを視聴するならば主人公が作っていくどたばた縁とエピソードにすぐ陥るだろう”と明らかにした。

‘怪しいパートナー’は接近不可ヌェセッコムサ ノ・ジウクと無限肯定アウトサイダー司法研修院生ウン・ポンヒがミステリー一事件を体験してお互いに陥るロマンス ドラマだ。その間‘ボスを守れ’と‘私の恋愛の全てのもの’等を執筆したクォン・キヨン作家、‘大当たり’、‘青い海の伝説’等を共同演出したパク・ソンホPDガヨンチュルを 引き受けて期待感を高めていて10日からSBSを通じて 放送される。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 07.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/32673-354b8b23

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR