コンユ・チョ・ヒョンジェ・ヒョンビン…相変わらず韓流



中国限った鈴(韓国コンテンツ禁止令)が1年近く続いている。 中国を相手にしたドラマ・芸能フォーマットの輸出はストップ状態だ。 それでも韓流スターを向けた熱気が熱い。 、過去の主な韓流市場であった日本がスポットライトを浴びていて、中国と地理的に近く、限った鈴の影響をより少なく受ける香港が浮上している。 アジア市場で依然として熱い愛を受けているスターについて調べてみた。

◇アジアが愛した南神、コンユ

コンユは昨年、映画'釜山行き'とtvNのドラマ'鬼'を通じて、アジアが愛しているスターに生まれ変わった。 先月29日、初の台湾ファンミーティングで5500人の地元ファンを集結させた。 ファンミーティングの舞台で涙を見せて話題になった。

6日には香港でファンミーティングを進行する。 4日、仁川(インチョン)国際空港を通じて香港に出国したコンユは5日、現地のメディアや記者懇談会を推進した。 殺到する質問洗礼と取材熱気が彼の人気を立証したという。

この3日には第53回百想芸術大賞授賞式でTV部門男子最優秀演技賞を受賞し、演技力を認められた。

◇"出演作同時放送"、新党女心狙撃、チョ・ヒョンジェ

チョ・ヒョンジェの所属会社のウェルズ・エンターテインメントによると、チョ・ヒョンジェが出演したMBC'帝王の娘スベクヒャン'、SBS'ヨンパルが'、'49日'など出演作3方がチャンネルBS11、富士TVなどを通じて放映されている。

所属事務所側は"ある俳優の出演作ドラマが長い時間が流れたことにもかかわらず、着実に地上波チャンネルで再放送するということは、日本国内でチョ・ヒョンジェを向けた熱い関心を立証していること"だと自評した。 次回作を検討中のチョ・ヒョンジェは、今年下半期のアジア諸国でファンミーティングを進行する予定だ。

◇、地道な愛、10周年、ヒョン・ビン

ヒョン氏は先月22日、日本の大阪でファンミーティングを進行した。 ファンミーティングは、ヒョン・ビンの日本公式ファンクラブ創設10周年記念に設けられた。 その間のファンミーティングの映像を見てファンと話を交わして、ファンレターの朗読と返事など、この思い出を振り返った。 3年ぶりに日本を訪れたヒョン氏は、ファンのためのプレゼントなどをソムセヒ手にしたという噂だ。 所属事務所側は、韓流・エージェンシーの関係者の言葉を借りて、"華やかさより着実に俳優として見せる姿が長い韓流の人気の秘訣"と分析した。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 06.2017   0 comments   0 trackback
Category :俳優

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/32664-824eb11f

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR